YAMAHA News Release お問い合わせ先
報道関係の方


新「ヤマハ銀座ビル」の開業日決定について

「音・音楽のヤマハの情報発信・コミュニケーション拠点」として
2010年2月26日(金)開業
−ヤマハの旗艦店として「音楽ポータル」機能を提供−

新「ヤマハ銀座ビル」完成予想図(昼間) 新「ヤマハ銀座ビル」完成予想図(昼間)

2009年7月1日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、旧ヤマハ銀座ビルの跡地等に建築中の新「ヤマハ銀座ビル」(本館、別館の2棟で構成、販売子会社店舗及びホール機能などを提供、所在地:東京都中央区銀座7-9-14)の開業日を2010年2月26日(金)に決定いたしました。また同時に、本館・別館のフロア構成も決定いたしましたのでお知らせいたします。


 旧ヤマハ銀座ビルは、日本で活躍したチェコの名建築家、アントニン・レーモンドの設計により、1951年12月に旧・日本楽器製造株式会社東京支店として建設されました。本格的な音楽ホール「ヤマハホール」までを備えた店舗兼オフィスビルとして、2006年12月まで音楽ファンを始めとする多くの皆様にご利用いただいていました。しかし、建設以来50年以上を経過し残念ながら老朽化が進んでしまったこと、銀座地区の建築規制が1998年に緩和されたことなどを受け、2006年6月に建て替えを行うことを決定しました。
 なお当初は2009年春のオープンを予定していましたが、別館隣接地の取得に伴う設計変更、2007年6月の建築基準法改正に伴う審査期間の長期化、近隣への騒音を配慮した工法・工程の採用などによって、開業日の変更に至ったものです。

「ヤマハホール」完成予想図
「ヤマハホール」完成予想図
 新「ヤマハ銀座ビル」は、銀座通りに面し地上12階、地下3階建ての本館と、その背面に位置する地上7階 地下2階建ての別館とで構成されます。本館は、初心者からプロのニーズまでをカバーする国内最大級の音楽・楽器の専門店の集合体となる店舗フロアと、アコースティックな音響を追求した新しい「ヤマハホール」、3,000人が在籍可能な大人の音楽教室「ヤマハミュージックアベニュー銀座」などが入り、別館はピアノ、管・弦・打楽器のアーティストサービス機能と事務所が入る予定です。
 加えて、多目的音楽ミニホール「ヤマハ銀座サロン」、ライブハウスの機能を持つ「ヤマハ銀座スタジオ」といった多彩なホール施設も備え、音楽に関わるあらゆる情報発信を行う「音楽ポータル」という、顧客とのコミュニケーション機能をあわせ持ちます。プロ・専門家から初心者、音楽愛好家まで、「音・音楽のヤマハの情報発信、コミュニケーション拠点」として、幅広い層の顧客獲得を目指しています。

 新「ヤマハ銀座ビル」のデザインコンセプトは、「音・音楽による感動の創造」というヤマハの企業理念に示されている通り、ヤマハらしさを、「音と音楽」そして伝統的楽器の深化だけでなく常に新しい楽器を生み出し続け、新しい音楽シーンの創出を目指す「伝統と革新の融合」と捉え、それらを外観デザインにも表現しています。

 なお、新ホールの設備、利用についてのご案内など、今後の銀座ビルに関連する情報につきましては順次お知らせいたします。また新ビルについて、最新の情報を専用インターネットサイト(http://www.yamaha.co.jp/about/yamahaginza/)にて順次公開していきます。
 新「ヤマハ銀座ビル」の概要、フロア構成、完成予想図などは以下の通りです。

<新「ヤマハ銀座ビル」の施設概要>

施設名称 ヤマハ銀座ビル(本館・別館)   新「ヤマハ銀座ビル」完成予想図(夜間)
新「ヤマハ銀座ビル」
完成予想図(夜間)
所在地 本館
〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-14
別館
〒104-0061 東京都中央区銀座7-10-14
オープン 2010年2月26日(金)
オープン前は本館・別館ともに仮店舗にて営業を行っています。
<仮店舗>
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-13
敷地面積 本館:635m2(192坪)
別館:230m2(70坪)
建築概要 本館
用途 店舗、音楽ホール、音楽教室他
階数 地上12階、地下3階
延床面積 7,583m2(2,298坪)
別館
用途 アーティスト支援、楽器R&D、楽器修理等、関連各社事務所
階数 地上7階、地下2階
延床面積 1,497m2(454坪)
交通 東京メトロ銀座線・日比谷線「銀座」駅
 A3出口徒歩5分
東京メトロ銀座線「新橋」駅
 1番出口徒歩5分
店舗営業時間 10:30〜20:00
※年末年始、点検日を除く年中無休
設計 株式会社 日建設計
施工 鹿島建設株式会社
総工費 約80億(別館の土地購入費除く)
専用サイト http://www.yamaha.co.jp/about/yamahaginza/
(7月2日オープン予定)

<新「ヤマハ銀座ビル」のフロア構成>

ビル総称 階数 フロア構成
ヤマハ銀座ビル
YAMAHA GINZA
12F ヤマハミュージックアベニュー銀座(音楽教室)
※最大3,000人が在籍可能
11F
10F
9F ヤマハホール
※詳細は後日ご案内いたします。
8F
7F
6F ヤマハ銀座サロン、楽屋
5F 店舗 ピアノ、アビテックス(防音室)
4F 管楽器、弦楽器、打楽器
3F 楽譜・音楽書
2F CD、DVD、楽譜・音楽書
1F ポータル(情報発信スペース)
電子ピアノ、エレクトーン
B1F ギター、ドラム、デジタル楽器
B2F ヤマハ銀座スタジオ
※本館地下3Fは機械式駐車場、警備保安室  
ビル総称 階数 フロア構成
ヤマハ銀座ビル別館
YAMAHA ARTIST
SERVICES TOKYO
7F (株)ヤマハミュージック東京/事務所
6F (株)ヤマハミュージック東京/事務所
5F ヤマハアーティストサービス東京/アトリエ東京(木管楽器)
4F ヤマハアーティストサービス東京/アトリエ東京(金管楽器)、事務所
3F ヤマハアーティストサービス東京/アトリエ東京(弦楽器、打楽器)
2F ヤマハアーティストサービス東京/ピアノサロン
1F ヤマハアーティストサービス東京/ピアノテクニカルスタジオ
B1F ヤマハアーティストサービス東京/アトリエ東京サロン
B2F (株)ヤマハミュージック東京/事務所

お問い合わせ先 報道関係の方
back