YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


先進のDSPとデジタルオーディオネットワークが融合
高音質&大出力がインテリジェントに進化したフラッグシップモデル

ヤマハ パワーアンプリファイアー 「TXnシリーズ」

(上)「TX4n」、(中)「TX5n」、(下)「TX6n」 ヤマハ パワーアンプリファイアー 「TXnシリーズ」
(上)「TX4n」 メーカー希望小売価格 577,500円(本体価格550,000円)
(中)「TX5n」 メーカー希望小売価格 630,000円(本体価格600,000円)
(下)「TX6n」 メーカー希望小売価格 735,000円(本体価格700,000円)
2009年7月発売

2009年5月27日

 ヤマハ株式会社(静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)はプロフェッショナルオーディオ機器の新製品として、コンサートツアーや設備など大規模なPA用途に対応する高出力なパワーアンプリファイアー「TXnシリーズ」を2009年7月より発売いたします。


<価格と発売月>

品名 品番 希望小売価格(税込) 発売
パワーアンプリファイアー TX6n 735,000円
(本体価格700,000円)
2009年7月
TX5n 630,000円
(本体価格600,000円)
TX4n 577,500円
(本体価格550,000円)

<製品の概要>

 このたび発売するパワーアンプリファイアー「TXnシリーズ」は、大規模なコンサートツアーなどに対応する高出力パワーアンプに先進のDSPとデジタルオーディオネットワーク機能を追加したヤマハパワーアンプの新たなフラッグシップシリーズです。「Tnシリーズ」が実現した高音質と高信頼性を継承・強化しながら、ヤマハが誇るDSP技術とデジタルオーディオネットワーク技術を搭載することにより、大型コンサート会場・ホール・劇場等におけるセッティング、コントロール、トラブルシューティングを容易にします。
 「TXnシリーズ」は、「TX6n」=2750W、「TX5n」=2500W、「TX4n」=2200W(いずれも2Ω/STEREO 1ch)の3つのモデルで構成されており、用途や必要とする出力に応じた選択が可能です。

 詳細は以下の通りです。

<主な特長>

■高効率を実現するEEEngine駆動
 「TXnシリーズ」は、圧倒的な省電力化を実現したヤマハ独自の高効率アンプ駆動技術“EEEngine”を搭載。高効率のアンプ駆動は消費電力を抑えるだけでなく、増幅プロセスで不可避な発熱を大幅に抑制しアンプ内のパーツの耐久性・信頼性にも貢献します。「TXnシリーズ」に搭載された“EEEngine”は、低インピーダンス時でも安定した高効率駆動が可能です。大出力が必要なシーンで多大なメリットをもたらします。
■オンボードDSP
 デジタル信号処理には、ヤマハデジタルミキサーで採用され高い評価を得ている高音質・ハイスペックな96kHzDSPを搭載。基本的なアンプコントロール及びステータスモニタリングに加えて、外部のプロセッサーを用いることなく、「TXnシリーズ」のみで緻密なスピーカープロセッシングが行えます。
 パラメーターのコントロールは「TXnシリーズ」のフロントパネルからのみならず、専用PCソフトウェア「Amp Editor」(ヤマハプロオーディオサイトより無償ダウンロード可能)がインストールされたコンピューターからも行えます。
■フレキシブルな入出力
 「TXnシリーズ」はアナログ入出力に加え、AES/EBUに対応したデジタル入出力を装備しています。AES/EBUの入出力はMini-YGDAIスロットにカード形式で装着されており、取り外しが可能です(AES/EBUカードは「TXnシリーズ」専用のため、他の機種に装着することはできません)。Mini-YGDAIスロットはAES/EBUカードを取り外すことにより、ADATやTASCAMなど、他のデジタルI/Oカードはもちろん、CobraNetやEtherSoundといったネットワークオーディオに対応したカードに取り替えることができます。
■専用PCソフトウェア「Amp Editor」
 「Amp Editor」は「TXnシリーズ」のアンプ管理を簡単に行うための専用PCソフトウェアです。専用のドライバーを必要とせず、「Amp Editor」がインストールされたPCを高速のイーサネットスイッチを介して「TXnシリーズ」と接続するだけでモニタリングとコントロールが行えます。また、リアルタイムでアンプの情報を監視できるだけでなく、電圧、ワット数やインピーダンス値が事前に設定したスレッショルドを超過した際に警告を出すことが可能です。これらはログとしてファイルに保存されるため、問題点が把握しやすくトラブルシューティングが容易になります。
※「Amp Editor」はヤマハプロオーディオサイト(http://proaudio.yamaha.co.jp)より無償ダウンロード可能です。

<主な仕様>

  TX6n TX5n TX4n
出力;
1KHz; 20ms; Burst
2 ohms; Stereo 3600W/ch 3220W/ch 2780W/ch
4 ohms; Bridge 7200W 6440W 5560W
出力;
1kHz
2ohms; Stereo 2750W/ch 2500W/ch 2200W/ch
4ohms; Stereo 2750W/ch 2100W/ch 1750W/ch
8ohms; Stereo 1700W/ch 1300W/ch 1000W/ch
4ohms; Bridge 5500W 5000W 4400W
8ohms; Bridge 5500W 4200W 3500W
出力;
20Hz-20kHz
100V line - 1250W/ch; -
8ohms
全高調波歪率 Less than 0.2% (1kHz; Halfpower)
混変調歪率 Less than 0.25% (60Hz:7kHz=4:1; Halfpower)
周波数特性 MAX +0.5dB, TYP 0dB, MIN -0.5dB 20Hz-20kHz
S/N比率 103dB(Analog)
108dB(AES/EBU)
102dB(Analog)
107dB(AES/EBU)
101dB(Analog)
106dB(AES/EBU)
クロストーク Less than -65dB
ダンピングファクター More than 300
電圧利得 43.8dB - 19.8dB; 0.1dB step
最大入力電圧 +24dBu
プロセッサー User processing, speaker processing: 24-bit fixed-point DSP processing; Other purpose: 32-bit float
I/O 端子 Line input / output ports Analog: XLR-3-31 type x2, XLR-3-32 type x2;
Digital: XLR-3-31 type, XLR-3-32 type x2 (OUT, THRU)
Speaker output ports Speakon NL4 x2, 5-way binding post x 2pairs
Control ports RJ45, Euroblock (Fault output)
保護回路 Load protection POWER switch ON/OFF mute, DC-fault (Amplifier shuts down automatically),
Clip limiting (THD ≥ 0.5%)
Amplifier protection Thermal (Mute the output; heatsink temp ≥ 90°C; return automatically),
VI limiter (Limit the output, RL ≤ 1ohm)
Power supply protection Thermal (Amplifier shuts down automatically; heatsink temp ≥ 100°C)
増幅方式 EEEngine
冷却 Variable speed fan x2
電源条件 100V; 50/60Hz
消費電力 Music source equivalent 1800W 1600W 1500W
Idling 100W 100W 100W
Stand-by 20W 20W 20W
寸法 (W x H x D) 480 x 88 x 461 mm
質量 16kg
Half Power=3dB below rated power
※仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがあります。
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back