YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


「高さ」方向の音場までも再現するシネマDSP<3Dモード>を搭載。
HDコンテンツの真価を引き出す、高音質チューンド新世代AVアンプ。

ヤマハ AVアンプ 『AX-V765』 『AX-V1065』

ヤマハ AVアンプ 『AX-V765』 ヤマハ AVアンプ 『AX-V765』
希望小売価格<税込>84,000円(本体価格80,000円)

ヤマハ AVアンプ 『AX-V1065』 ヤマハ AVアンプ 『AX-V1065』
希望小売価格<税込>110,250円(本体価格105,000円)

2009年5月14日

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、豊富なHDMI入力端子を搭載し、接続・設定が容易で快適な操作で楽しめる新世代AVアンプの上位モデルとして、ブルーレイディスクをはじめとするハイビジョンコンテンツの音と映像をより本格的に楽しめる「AX-V765」を6月下旬、「AX-V1065」を7月下旬より、それぞれ全国で発売いたします。


<価格と発売日>

品名 モデル名 希望小売価格<税込> 当初月産予定台数 発売日
AVアンプ AX-V765 (B)ブラック 84,000円
(本体価格80,000円)
8,200台 6月下旬
AVアンプ AX-V1065 (B)ブラック 110,250円
(本体価格105,000円)
6,600台 7月下旬

<製品の概要>

ヤマハでは今春、地上デジタル放送やブルーレイディスクの高画質・高音質を手軽に楽しめる新世代AVアンプ「AX-V465」「AX-V565」を発売し、薄型テレビと組み合わせて使えるメディアセンターとしての快適さを提案しました。「AX-V765」「AX-V1065」はAXシリーズの上位モデルとして、より本格的なサラウンド音場再生を求めるユーザーに応え、さらなる高音質を追求して内部構成を一新。ハイエンドモデルで好評のヤマハ独自のシネマDSP<3Dモード>を搭載するなど、独自機能を含め音質を練り上げました。ドルビーサラウンドによる3-1方式アナログサラウンドの時代、20年以上前からヤマハはフロントにエフェクトチャンネルを加えた「フロントプレゼンススピーカー」を提案。前後左右の音の広がりに加えて、「高さ方向」の音場再現を求めてきたヤマハならではの音場創成技術により、立体感あふれるリアルなサラウンドの臨場感を自宅に再現します。
【AVアンプAX-V765、AX-V1065の特長】
AX-V1065
●デジタル/映像/音声回路を分離するなど基板構成を一新し、7chパワーアンプを搭載
●入念な音質チューニングにより、吟味を重ねて厳選した高音質パーツを採用
●「高さ」方向の音場をリアルに再現するヤマハ独自のシネマDSP<3Dモード>を搭載
●4系統HDMI入力、リンク機能、高性能ビデオアップスケーラーなど充実した機能と装備


<AX-V765、AX-V1065 主な共通特長>

1.優れた音楽表現を追求し、内部構成を一新
■信号経路の最短化により優れたレスポンスを実現
目指したのは歌い手や演奏家、演じる人たちや製作者などが作品に込めた思いを再現できて、リスナーに感動を与えることができる、そのような音です。本機では、前作DSP-AX863/763の基板構成を全面的に見直しました。音声回路は入力段から増幅段、出力段までを1枚の基板で構成。信号経路の最短化により優れたレスポンスと力強い再生音を実現しました。また入力信号の種類に応じて最適な信号経路を選択するなど、音質最優先で動作するピュアダイレクトモードは、オーディオ/映像系ソースのすべての信号に対応し、より純度の高いサウンド再生を可能にしています。
AX-V1065の内部構成   ピュアダイレクト
AX-V1065の内部構成


2.力強さと繊細さ(しなやかさ)の両立を求めて、試聴により厳選したパーツを採用
■大型電源トランス、大口径ブロックケミコンなど主要パーツを素材から吟味
一新した基板構成に合わせ、構成するパーツ類も試作と試聴を繰り返し、選別し直しました。アンプの各回路に電源を供給する電源トランスは、鉄芯や銅線など構成パーツの組み合わせを変えた20タイプを製作。比較試聴により、解像度が高く、音の強弱の差も明確に描き分けるものを採用しました。トランスの巻線も各回路ごとに別巻線とし、それぞれの相互干渉を抑え込むなど、徹底した高音質化をはかりました。大口径のブロックケミコンも、構成部材の組み合わせ試聴により、音質が優れたものを採用するなど、随所に高音質パーツを投入。繊細な音の再現性や、ニュアンス豊かな表現を可能にし、生き生きとしたサウンドを実現しました。
AX-V1065/V765に採用された大型電源トランス   特注セメント抵抗、7種の音質抵抗、3種のポリプロピレンフィルムコンデンサーなど、試聴により厳選した高音質パーツ
AX-V1065/V765に採用された
大型電源トランス
特注セメント抵抗、7種の音質抵抗、3種の
ポリプロピレンフィルムコンデンサーなど、
試聴により厳選した高音質パーツ


3.空間再現力を飛躍的に向上したシネマDSP<3Dモード>を搭載 CINEMA DSP DIGITAL
■「高さ」方向の音場の広がりまで再現する、ヤマハ独自のシネマDSP<3Dモード>
より自然な音場を再現する「シネマDSP-plus」に、「高さ」方向の音場データを加え、立体的なサラウンド空間を再現するシネマDSP<3Dモード>を搭載。音楽再生用プログラムでは、天井や床の反射音まで緻密に計算することで、ホールの空間をリアルに描きます。映画用プログラムでは、スクリーンやディスプレイに映し出される映像とサラウンド音場の一体感を高め、画面に引き込まれるような立体的な表現を味わえます。またサラウンドバックスピーカーを使用した従来の7.1ch再生と、フロントプレゼンススピーカーを使ったシネマDSP<3Dモード>の7.1ch再生を手軽に切り替えて使用できるデュアル7.1chサラウンドにも対応。さらには音量の大小に合わせて、「シネマDSP」の効果や音量の変化の幅を最適に調整する「A-DSP&A-DRC技術」を採用。深夜の小音量再生時などでも、臨場感豊かな音を楽しめます。 ※シネマDSP<3Dモード>の再生にはプレゼンススピーカーが必要です。
プレゼンススピーカーチャンネルとサラウンドバックスピーカーチャンネルは同時に出力できません。

シネマDSP<3Dモード>音場概念図
シネマDSP<3Dモード>音場概念図


4.6社のテレビに対応するリンク機能など、快適な操作
■4入力1出力のHDMI端子、リンク機能は業界最多の6社に対応
HDMIリンク対応
DOLBY TRUE HD
dts-HD Master Audio
さまざまなハイビジョン機器とケーブル1本で接続できるHDMI端子は4入力1出力を搭載。多彩な機器との接続が手軽に行えます。薄型テレビやレコーダーなどとの連携操作が行えるHDMIによるリンク機能を搭載。業界最多の6メーカー(パナソニック、東芝、日立製作所、シャープ、三菱電機、ソニー。以上順不同)製テレビやレコーダー(一部機種を除く)に対応したリンク機能により、テレビ側リモコンの操作でテレビと連携して本機の電源ON/OFFと音量調整、入力切替が行えます。またHDMIスタンバイスルー時の消費電力を3W未満におさえるなど、従来モデルと比べて大幅な省エネ化を実現しています。
入力信号はドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオなどのHDオーディオに完全対応。ブルーレイディスクの高音質を存分に満喫できます。 *HDMIによるリンク機能は、本機〜対応テレビ間(レコーダー含む)をHDMI接続した場合に実現するものです。 ・対応テレビ機種などの詳細は当社ホームページでご確認ください。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/support/hdmi_cec/

5.DVDなどの映像もハイビジョン画質で楽しめる VRS by Anchor Bay
■標準画質をハイビジョン並の映像に変換する、高性能ビデオアップスケーリング機能を採用
映像処理部には、アンカーベイ・テクノロジー社製の高性能ビデオスケーラーを採用。DVDソフトなどの480p(SD画質)の映像信号をハイビジョン映像に迫る、1080p信号に変換して出力できます。従来のDVD再生で気になった映像のぼやけ感を解消し、細部のディテールまでクリアに再現します。また480p出力のゲーム機の映像信号も、より緻密に薄型テレビに表示でき、精細で見やすい映像でゲームを楽しめます。 *ビデオアップスケーリング機能は、入力されたアナログ信号をHDMIから出力する場合にのみ効果があります。

<カスタムチューンモデルAX-V1065 主な特長>

1.専用の音質チューニングを加え、よりスケール感あふれる自然な音を追求
■ウルトラロージッターPLL回路など、ノイズを低減する高音質技術を投入
AXシリーズの最上位モデルとして、専用の高音質チューニングを実施したAX-V1065は、準フラッグシップ機DSP-Z7に採用したウルトラロージッターPLL回路を内蔵。デジタル音声の音質劣化の原因となるジッターの発生を排除しています。このほかにもショットキーバリアダイオードを採用し、回路のローノイズ化を徹底しました。これにより、静寂さや微妙な音のニュアンスの再現がより際立ち、音の実在感と臨場感を高めています。また各種抵抗やコンデンサーも音質を吟味した選別パーツを随所に使用し、個々の部品による固有の色づけを排除。高音から低音まで整った帯域バランスと、濃密な情報量で、聞き手に感動を与える本質的な音楽性を獲得しています。
ローノイズ化を実現するショットキーバリアダイオード   AX-V1065に採用されたブロックケミコン
ローノイズ化を実現する
ショットキーバリアダイオード
AX-V1065に採用されたブロックケミコン


2.アイコン表示でわかりやすさを向上した新GUIメニュー
■「アルバムアート」機能など、新しいデザインで操作性を向上
画面を見ながら設定や操作ができる新デザインのGUIを採用。アイコン表示にすることで、より直感的でわかりやすい操作を可能にしました。別売のiPod用ユニバーサルドック「YDS-11」を使って、iPodの音楽を再生する場合には、プレーヤーに保存したアルバムのジャケット写真をテレビ画面でも表示できる「アルバムアート」機能に対応。スタイリッシュなデザインとすることで、音楽リスニングの楽しみを広げます。
アイコン表示を採用した、新デザインのGUI画面   プレーヤーに保存したアルバムのジャケット写真をテレビ画面でも表示できる「アルバムアート」機能
アイコン表示を採用した、
新デザインのGUI画面
プレーヤーに保存したアルバムの
ジャケット写真をテレビ画面でも
表示できる「アルバムアート」機能


【その他の特長】
●よく使うソース、音場プログラムをワンタッチで選べる「SCENE」ボタン ●接続した機器に合わせて、表示される名称を変更できるリネーム機能(最大9文字) ●ポータブル音楽プレーヤーとの接続に便利な前面音声入力端子(ステレオミニジャック/AX-V765、USB端子/AX-V1065) ●別売のiPod用ユニバーサルドック「YDS -11」、Bluetooth®オーディオレシーバー「YBA-10」を接続できるDockポート ●簡単な操作で最適な音響特性を実現できる視聴環境最適化システムYPAO ●サラウンド再生がお手持ちのヘッドホンで楽しめるサイレントシネマ ●40局プリセット対応AM/FMチューナー

<AX-V765/AX-V1065 主な仕様>

  AX-V765 AX-V1065
実用最大出力
(JEITA)
フロントL/R動作時 135W+135W
(6Ω、1kHz、10% THD)
145W+145W
(6Ω、1kHz、10% THD)
センター動作時 135W
(6Ω、1kHz、10% THD)
145W
(6Ω、1kHz、10% THD)
サラウンド L/R動作時 135W+135W
(6Ω、1kHz、10% THD)
145W+145W
(6Ω、1kHz、10% THD)
サラウンドバック
/プレゼンス
L/R動作時
135W+135W
(6Ω、1kHz、10% THD)
145W+145W
(6Ω、1kHz、10% THD)
音声入力 アナログ 6系統 PHONO、AV5、AV6、AUDIO 1、AUDIO 2、V-AUX 6系統 PHONO、AV5、AV6、AUDIO 1、AUDIO 2、V-AUX
デジタル 4系統 光 2 (AV1、AV4) 4系統 光 2 (AV1、AV4)
同軸 2 (AV2、AV3) 同軸 2 (AV2、AV3)
音声入力(その他) 2系統 DOCK 1、ステレオミニ 1 2系統 DOCK 1、USBポート 1
映像入力 9系統 コンポーネント 2 (AV1、AV2) 9系統 コンポーネント 2 (AV1、AV2)
D4ビデオ 2 (AV1、AV2) D4ビデオ 2 (AV1、AV2)
コンポジット 5
(AV3、AV4、AV5、AV6、V-AUX )
コンポジット 5
(AV3、AV4、AV5、AV6、V-AUX )
音声出力 SP OUT 7ch (フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R) SP OUT 7ch (フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R)
PRE
OUT
7ch (フロントL/R、センター、サラウンド L/R、サラウンドバックL/R)
サブウーファー OUT 2
(MONO SUBWOOFER)
PRE
OUT
7ch (フロントL/R、センター、サラウンド L/R、サラウンドバックL/R)
サブウーファー OUT 2
(MONO SUBWOOFER)
2系統 AV OUT 1
AUDIO OUT 1
2系統 AV OUT 1
AUDIO OUT 1
映像出力 4系統 MONITOR
OUT
コンポーネント 1 4系統 MONITOR
OUT
コンポーネント 1
コンポジット 1 コンポジット 1
D4ビデオ 1 D4ビデオ 1
REC OUT コンポジット 1(AV OUT) REC OUT コンポジット 1(AV OUT)
HDMI入力 4 4
HDMI出力 1 1
HDMIアップスケーリング 1080p対応 1080p対応
総サラウンドプログラム数 38(シネマDSPプログラム数は17) 38(シネマDSPプログラム数は17)
消費電力 240W 240W
待機時消費電力 HDMI コントロール ON時 3W未満
HDMI コントロール OFF時 0.2W以下
HDMI コントロール ON時 3W未満
HDMIコントロール OFF時 0.2W以下
寸法(幅×高さ×奥行) 435W×171H×365Dmm 435W×171H×365Dmm
質量 11.0kg 11.1kg
付属品 リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、オプティマイザーマイク、電源コード リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、オプティマイザーマイク、電源コード
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back