YAMAHA News Release お問い合わせ先
業務に関して 報道関係の方


歌声合成パラメータ推定技術VocaListenerの実用化にヤマハと産総研が連携
〜VOCALOIDで手軽に高品質な歌声を!

2009年4月27日

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、当社の歌声合成ソフトウェアVOCALOID(ヴォーカロイド)へのデータ入力支援へ応用可能な技術VocaListener(ボーカリスナー、略称「ぼかりす」)に関して、研究開発元である独立行政法人産業技術総合研究所からライセンスを受け、一般向けサービスの実用化に向け共同開発を進めています。その第一段階として、まずはVocaListenerの基本技術をネットワーク上のサーバーで動作する「Netぼかりす」として試験サービス展開した後で、機能の拡張を順次進めてゆく予定です。
「Netぼかりす」はVOCALOIDを使った音楽制作に必要なデータ入力時の労力の削減、また歌声合成品質の向上に貢献できるサービスとして、既存のパソコンによるVOCALOID環境で動作するだけでなく、NetVOCALOIDと連携させての展開も目指してまいります。


<開発の背景>

VOCALOIDは、歌詞とメロディーを入力するだけで楽曲のボーカルパートを制作できる歌声合成ソフトウェアで、2003年に当社が開発、ライセンス販売を開始しました。当社からVOCALOIDのライセンスを受け「初音ミク」注1や「がくっぽいど」注2などのソフトウェアが発売され、ユーザーが、こうしたバーチャルシンガーを使用して、個人あるいはオンライン上の共同作業でオリジナル曲を創り、歌わせ、その楽曲をニコニコ動画やYouTubeなどの動画ポータルサイトに発表したことから爆発的な話題を生み、社会現象となるほど人気を博しました。これらのバーチャルシンガーを各ユーザーが、制作者としてイメージ通りに歌わせるためのユーザーのスキルも向上し、その歌声は多くのリスナーの心をとらえました。こうした歌声合成ソフトウェアの認知が急速に高まる中で、さらにリアルな歌声を合成させたい、もっと手軽に歌声を合成してみたいというユーザーが増えています。

<VocaListenerについて>

VocaListenerは、VOCALOIDにこのように歌わせたいと考える目標歌唱を録音した音声ファイルからVOCALOID専用のパラメータを自動推定できる技術で、VOCALOIDの専用エディターを使う際に必要とされるスキルや作業時間を軽減させ、手軽に高品位な歌声合成結果を得ることができます。詳細は、本技術を研究開発した独立行政法人産業技術総合研究所 後藤真孝研究グループ長、中野倫靖特別研究員による下記の技術紹介ページをご覧ください。

http://www.aist.go.jp/aist_j/new_research/nr20090427/nr20090427.html

<Netぼかりすの開発について>

VocaListenerをネットワーク上のサーバーで動作させる「Netぼかりす」のサービス展開への第一段階として、現在、基本技術の一部を備えたα版を開発中です。α版は、VocaListenerから一般向けサービスにとって有用と思われる機能のみを簡略化して抜粋し、それに独自の拡張を加えて開発したものです。具体的な機能としては、入力(アップロード)された目標歌唱の音声ファイルとそれに対応する歌詞テキストファイルをサーバー上で解析し、指定されたバーチャルシンガーで最適な合成結果が得られるようにVOCALOID用の歌声合成パラメータファイル(VSQファイル)を出力(ダウンロード)します。
簡略化したα版のためにVocaListener本来の性能は出ていないものの、現在、一部のクリエイターの方々にモニターとしてご試用いただいており、2009年4月28日から順次、試用結果のコンテンツを公開(注3)していく予定です。そこで得られた、クリエイターの方々からのご意見や、公開コンテンツに対する一般リスナーの方々のご感想を、今後の開発に反映してまいります。より発展した試用版については今後モニターを公募する予定です。
またNetぼかりすはNetVOCALOIDとの連携も検討しております。ユーザーインタフェースに新たな価値を付加できる技術として様々なプラットフォームでの応用も提案してまいります。

[注1] 「初音ミク」はクリプトン・フューチャー・メディア(株)の登録商標です。
声優「藤田 咲」さんが演じるポップでキュートなキャラクター・ボイスを元に作り上げられたボーカル音源です。
[注2] 「がくっぽいど」は(株)インターネットの登録商標です。
ボーカリストGacktの声を元に作り上げられたボーカル音源で、Gacktの声質を持った歌声の合成音を得ることができます。
[注3] コンテンツの公開先は http://www.y2lab.com/ を通じてお知らせいたします。
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 業務に関して 報道関係の方
back