YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


HDオーディオ対応に加え、7.1chサラウンドも実現。
ブルーレイの魅力を存分に堪能できる、新世代AVアンプ。

ヤマハ AVアンプ 『AX-V565』

ヤマハ AVアンプ 『AX-V565(B)』 ヤマハ AVアンプ 『AX-V565』
写真は(B)ブラック
希望小売価格<税込>61,950円(本体価格59,000円)

2009年3月25日

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、多彩なハイビジョン機器との接続や快適な操作性を実現するメディアセンターとしての機能に加え、7.1chパワーアンプの内蔵によりブルーレイディスクソフトの7.1chサラウンド音声を忠実に再現できるなど、ハイクオリティな音と映像をもっと身近にするAVアンプ「AX-V565」を4月下旬より全国で発売いたします。


<価格と発売日>

品名 モデル名 希望小売価格<税込> 当初月産予定台数 発売日
AVアンプ AX-V565 (B)ブラック
(N)ゴールド
61,950円
(本体価格59,000円)
8,000台 4月下旬

<製品の概要>

BDレコーダーの普及にともない、デジタル放送以上の高画質・高音質で映画などのコンテンツを収録したブルーレイディスクソフトの注目度も高まり、発売タイトル数も順調に増加しています。なかでも、最新のHDオーディオフォーマットや、一般的な5.1chサラウンドよりも音場効果を高めた7.1chサラウンド方式で収録されたタイトルの優れた臨場感に注目が集まっています。「AX-V565」は、7.1chのHDオーディオ再生まで対応し、ブルーレイの魅力をフルに堪能できるAVアンプです。さらにDVDソフトもハイビジョン解像度で楽しめる高性能アップスケーラーも搭載し、多彩なコンテンツを高画質で楽しめます。20年以上のAVアンプ開発の実績、そして、その時々の最新技術や新機能をいち早く採り入れてきたヤマハの技術とノウハウを結集し、最新の映像コンテンツの迫力と臨場感を快適な操作性とともにお届けします。
【メディアセンターとしてのAX-V565の特長】
AX-V565
4系統HDMI入力、リンク機能、HDオーディオ対応など、 AX-V465と共通の特長に加え、さらに機能充実。
●BDのサラウンド音声をリアルに再現する7.1chパワーアンプ搭載
●テレビの解像度を活かしきる高性能ビデオアップスケーラー搭載
●インテリアに合わせて選べるブラックとゴールドの2色を用意

<AX-V565 主な特長>

1.ブルーレイの7.1chサラウンドをさらにリアルに再現
■豊かな広がりを再現するサラウンドバックに対応した7.1chパワーアンプを搭載
フロント(L・R)/センター/サラウンド(L・R)の5チャンネルに加えて、視聴位置の真後ろにあたるサラウンドバック(L・R)用の2チャンネルにも対応した7チャンネルパワーアンプを搭載。ブルーレイディスクソフトのフォーマットで規定された最大7.1chのサラウンド再生に対応し、HDオーディオの高音質をあますことなく再現できます。7.1chサラウンドでは、視聴位置の真後ろからの音が再現されるため、後方スピーカー間の音のつながりが向上。より豊かな音響空間を再現できます。また、より高音質で2ch再生が楽しめるフロントバイアンプ駆動にも対応するなど、音質にこだわるお客様の要求にも応えます。 *フロントバイアンプ駆動にはバイアンプ(バイワイヤリング)対応スピーカーシステムが別途必要です。

2.DVDなどの映像もハイビジョン画質で楽しめる VRS by Anchor Bay
■標準画質をハイビジョン並みの映像に変換できる高性能ビデオアップスケーリング機能を採用
映像処理部にアンカーベイ・テクノロジー社製の高性能ビデオスケーラーを採用。DVDソフトなどの480p(SD画質)の映像信号をハイビジョン映像に迫る1080p信号に変換して出力できます。従来のDVD再生で気になった映像のぼやけ感を解消し、細部のディテールまでクリアに再現します。このほか、480pのゲーム機の出力も、より緻密に薄型テレビに表示でき、精細で見やすい映像でゲームを楽しめます。

3.「ドルビーTrueHD」など、最新サラウンドに対応 ドルビーTrueHD/dts HD
■1080p映像の入出力や「ドルビーTrueHD」などの対応により、ブルーレイの実力をありのままに再現
ブルーレイの魅力は、高精細な1080pのハイビジョン映像と最新のサラウンド音声による臨場感です。「AX-V565」では、1080p映像の入出力(DeepColor、x.v.Color*1対応)を装備するとともに「ドルビーTrueHD」をはじめとする多彩な音声フォーマットに対応*2。豊富な情報量を持つ映像とリアルな空気感まで再現する本格的なサラウンド音声が融合することで、ブルーレイの実力をありのままに再現。映画をはじめとする映像コンテンツの感動をより深めます。
*1 x.v.Colorはソニー株式会社の登録商標です。
*2 対応音声フォーマットは当社ホームページでご確認ください。


4.テレビのリモコンで快適操作 HDMIリンク対応
■主なテレビメーカーのリモコンで基本操作ができるリンク機能対応
HDMI接続により薄型テレビと連携操作が行えるHDMIによるリンク機能を搭載。業界最多の6メーカー(パナソニック、東芝、日立製作所、シャープ、三菱電機、ソニー。以上順不同)製テレビやレコーダー(一部機種を除く)に対応したリンク機能を搭載し、テレビ側リモコンの操作でテレビと連携して本機の電源ON/OFFと音量調整、入力切替が行えます。また、よく使う映像ソースや音場プログラムをワンタッチで選択できる「SCENE」ボタンを採用するなど、より快適な操作性を実現しています。
*HDMIによるリンク機能は、本機〜対応テレビ間(レコーダー含む)をHDMI接続した場合に実現するものです。 ・対応テレビ機種などの詳細は当社ホームページでご確認ください。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/support/hdmi_cec/
テレビのリモコンで快適操作   「SCENE」ボタン
  ●「SCENE」ボタン
よく使う映像ソースや音場プログラムを
ワンタッチで選択可能。


5.レコーダーもゲーム機もカンタン接続
■多彩なHDMI機器とケーブル1本で接続できる、4系統HDMI入力端子
レコーダーやプレーヤーはもちろん、ゲーム機、ハイビジョンビデオカメラなど、豊富なHDMI端子搭載機器との接続に対応するため、4系統のHDMI入力端子を装備しました。また、前面のFLディスプレイの文字サイズを従来比147%に拡大して視認性を高めました。「リネーム機能」により、接続した機器に合わせて、それぞれの入力端子の名称を最大9文字まで自由に変更できるので、選択した機器名をわかりやすく表示できます。
レコーダーもゲーム機もカンタン接続   リネーム機能
●リネーム機能
接続した機器の名称などを自由に設定可能。
選択した機器を表示部で手軽に確認できます


■その他の特長
●別売のiPod用ユニバーサルドック「YDS-11」、Bluetooth®オーディオレシーバー「YBA-10」を接続できるDockポート ●設定や操作画面をはじめ、「YDS-11」経由でiPodの画面をテレビ画面に表示できるオンスクリーン機能 ●簡単な操作で最適な音響特性を実現できる自動音場補正機能YPAO ●ヤマハの高度なサラウンド技術が投入されたシネマDSP ●携帯音楽プレーヤーなどの接続に便利な前面音声入力端子(ステレオミニジャック) ●入力ソースやボリューム位置に合わせて音量の変化を最適に自動調整。深夜の小音量再生時でも、面倒な操作なしで迫力あるサウンドが楽しめるA-DRC技術 ●サラウンド再生がお手持ちのヘッドホンで楽しめるサイレントシネマ ●40局プリセット対応AM/FMチューナー

<AX-V565 主な仕様>

実用最大出力
(JEITA)
フロントL/R動作時 115W/ch (6Ω、1kHz、10% THD)
センター動作時 115W (6Ω、1kHz、10% THD)
サラウンド L/R動作時 115W/ch (6Ω、1kHz、10% THD)
サラウンドバック L/R動作時 115W/ch (6Ω、1kHz、10% THD)
音声入力 アナログ 5系統 AV5、AV6、AUDIO 1、AUDIO 2、V-AUX
デジタル 4系統 光 2(AV1、AV4)
同軸 2(AV2、AV3)
音声入力(その他) 1系統 DOCK 1
映像入力 9系統 コンポーネント 2 (AV1、AV2)
D4ビデオ 2 (AV1、AV2)
コンポジット 5 (AV3、AV4、AV5、AV6、V-AUX)
音声出力 SP OUT 7ch (フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R)
3系統 サブウーファーOUT 1
REC OUT 2 (AV OUT、AUDIO OUT)
映像出力 4系統 MONITOR OUT コンポーネント 1
コンポジット 1
D4ビデオ 1
REC OUT コンポジット 1(AV OUT)
HDMI入力 4
HDMI出力 1
総サラウンドプログラム数 38 (シネマDSPプログラム数は17)
消費電力 175W (待機時消費電力:0.2W以下、HDMIコントロールOFF時)
寸法(幅×高さ×奥行) 435W×151H×364Dmm
質量 8.5kg
付属品 リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、オプティマイザーマイク
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back