YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


業界最多6社とのHDMIリンク&HDオーディオ対応。
ブルーレイ5.1サラウンドを満喫するための、新世代AVアンプ。

ヤマハ AVアンプ 『AX-V465』

ヤマハ AVアンプ 『AX-V465』 ヤマハ AVアンプ 『AX-V465』
希望小売価格<税込>49,350円(本体価格47,000円)

2009年2月26日

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、4入力1出力のHDMI端子を搭載し、主要6メーカーのテレビに対応したリンク機能など、メディアセンターとしての機能と快適性を追求したAVアンプ「AX-V465」を3月下旬より全国で発売いたします。


<価格と発売日>

品名 モデル名 希望小売価格<税込> 当初月産予定台数 発売日
AVアンプ AX-V465 (B)ブラック 49,350円
(本体価格47,000円)
13,000台 3月下旬

<製品の概要>

昨年末にDVDレコーダーを超える販売台数を記録したBDレコーダーの普及などにより、高精細なハイビジョン映像と5.1チャンネルのシアターサウンドの楽しみがますます広がっています。「AX-V465」は、その迫力と臨場感を、これまでホームシアターを敬遠していたテレビユーザーにも快適操作で満喫していただけるAVアンプのニューモデル。1986年の「DSP-1」の発売以来、ホームシアター市場をリードしてきたヤマハの技術とノウハウを凝縮しました。
【メディアセンターとしてのAVアンプの特長】
AX-V465
  1. テレビのリモコンで快適操作
  2. レコーダーもゲーム機もカンタン接続
  3. ブルーレイディスクの高音質を迫力再生
  4. スピーカーや音場の自動設定などで、使いやすさを向上
  5. お部屋に映画館や、コンサートホールを再現


<AX-V465 主な特長>

1.テレビのリモコンで快適操作 HDMIリンク対応
■主なテレビメーカーのリモコンで基本操作ができるリンク機能対応
HDMI接続により薄型テレビと連携操作が行えるHDMIによるリンク機能を搭載。業界最多の6メーカー(パナソニック、東芝、日立製作所、シャープ、三菱電機、ソニー。以上順不同)製テレビやレコーダー(一部機種を除く)に対応したリンク機能を搭載し、テレビ側リモコンの操作でテレビと連携して本機の電源ON/OFFと音量調整、入力切替が行えます。また、よく使う映像ソースや音場プログラムをワンタッチで選択できる「SCENE」ボタンを採用するなど、より快適な操作性を実現しています。
*HDMIによるリンク機能は、本機〜対応テレビ間(レコーダー含む)をHDMI接続した場合に実現するものです。 ・対応テレビ機種などの詳細は当社ホームページでご確認ください。
http://www.yamaha.co.jp/product/av/support/hdmi_cec/
テレビのリモコンで快適操作   「SCENE」ボタン
  ●「SCENE」ボタン
よく使う映像ソースや音場プログラムを
ワンタッチで選択可能。


2.レコーダーもゲーム機もカンタン接続
■多彩なHDMI機器とケーブル1本で接続できる、4系統HDMI入力端子
レコーダーやプレーヤーはもちろん、ゲーム機、ハイビジョンビデオカメラなど、豊富なHDMI端子搭載機器との接続に対応するため、4系統のHDMI入力端子を装備しました。また、接続した機器に合わせて、それぞれの入力端子の名称を最大9文字まで自由に変更できる「リネーム機能」を備えていますので、選択した機器名をわかりやすく表示できます。
レコーダーもゲーム機もカンタン接続   リネーム機能
●リネーム機能
接続した機器の名称などを自由に設定可能。
選択した機器を表示部で手軽に確認できます


3.ブルーレイディスクの高音質を迫力再生 ドルビーTrueHD/dts HD
■「ドルビーTrueHD」など、ブルーレイディスクに採用された高音質サラウンド音声に対応
ブルーレイの魅力は、高精細な1080pのハイビジョン映像と最新のサラウンド音声による臨場感です。「AX-V465」では、1080p映像の入出力を装備するとともに「ドルビーTrueHD」をはじめとする多彩な音声フォーマットに対応。豊富な情報量を持つ映像とリアルな空気感まで再現する本格的な5.1chサラウンド音声が融合することで、ブルーレイの実力をフルに引き出し、映画をはじめとする映像コンテンツの感動をより深めます。 *対応音声フォーマットは弊社ホームページでご確認ください。

4.スピーカーや音場の自動設定などで、使いやすさを向上
■最適な音響特性を実現するYPAO搭載/すっきりした背面端子など
付属のマイクを接続し、視聴位置にセットするだけで、自動で部屋に合わせた最適な音響特性に調整できるYPAO(Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizer)を搭載。さらに映像と音のズレを自動的に修正するリップシンク機能など、面倒な設定をすることなく、高画質・高音質でのソフト鑑賞が楽しめます。また、背面の接続端子の配置と名称は一般的なテレビのスタイルに近づけてわかりやすくしたほか、FLディスプレイは、BDレコーダーにマッチするホワイトを採用し、文字サイズを大型化して視認性を高め、初めてAVアンプを使う人にも安心な使い勝手の良さを実現しました。
YPAO   背面端子
●YPAO
付属の測定用マイクを視聴位置にセットして、調整は約3分で完了。映画館のベストポジションで聴くような、最適な視聴環境に自動で調整します。
●背面端子
入力系統ごとに映像/音声入力をわかりやすくまとめて配置。


5.お部屋に映画館や、コンサートホールを再現 シネマDSP
■ヤマハの高度なサラウンド技術が投入された〈シネマDSP〉
音場処理にはヤマハ独自の音場創成技術〈シネマDSP〉を搭載。世界中の著名なホールや劇場などで実測した音響特性を高精度な信号処理で加えることにより、映画館やコンサートホールにいるような臨場感をお部屋に再現します。映画用、音楽用、ゲーム用などソースに合わせて選べる17種類のシネマDSPプログラム(総プログラム数は38種類)を備えます。地上/BSデジタル放送や、携帯音楽プレーヤーの圧縮音源も、「ミュージック・エンハンサー」で、活き活きと再生することが可能です。また、後方にスピーカーを設置できない場合でも、前方スピーカーだけで擬似的にサラウンド音場を楽しめる「バーチャルシネマDSP」機能も装備しています。 ※HDオーディオ音声の再生時は、「シネマDSP」音場プログラムを選択できません。オリジナルのサラウンド信号をそのまま再現するストレートデコードとなります。
■その他の特長
●携帯音楽プレーヤーなどの接続に便利な前面音声入力端子(ステレオミニジャック) ●入力ソースやボリューム位置に合わせて音量の変化を最適に自動調整。深夜の小音量再生時でも、面倒な操作なしで迫力あるサウンドが楽しめるA-DRC技術 ●5.1ch再生がお手持ちのヘッドホンで楽しめるサイレントシネマ ●40局プリセット対応FM/AMチューナー

<AX-V465 主な仕様>

実用最大出力
(JEITA)
フロントL/R動作時 140W+140W (6Ω、1kHz、10% THD)
センター動作時 140W (6Ω、1kHz、10% THD)
サラウンド L/R動作時 140W+140W (6Ω、1kHz、10% THD)
音声入力 アナログ 5系統 AV5、AV6、AUDIO 1、AUDIO 2、V-AUX
デジタル 4系統 光 2(AV1、AV4)
同軸 2(AV2、AV3)
音声入力(その他) 1系統 DOCK 1
映像入力 9系統 コンポーネント 2 (AV1、AV2)
D4ビデオ 2 (AV1、AV2)
コンポジット 5 (AV3、AV4、AV5、AV6、V-AUX)
音声出力 SP OUT 5ch (フロントL/R、センター、サラウンドL/R)
5系統 PRE OUT 2 (サラウンドバックL/R)
サブウーファーOUT 1
REC OUT 2 (AV OUT、AUDIO OUT)
映像出力 4系統 MONITOR OUT コンポーネント 1
コンポジット 1
D4ビデオ 1
REC OUT コンポジット 1(AV OUT)
HDMI入力 4
HDMI出力 1
総サラウンドプログラム数 38 (シネマDSPプログラム数は17)
消費電力 175W (待機時消費電力:0.2W以下、HDMIコントロールOFF時)
寸法(幅×高さ×奥行) 435W×151H×364Dmm
質量 8.4kg
付属品 リモコン、電池、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、オプティマイザーマイク
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back