YAMAHA News Release お問い合わせ先
一般の方 報道関係の方


■革新的な新技術を多数搭載したスタインバーグ社製音楽制作ソフトウェアの最新版

スタインバーグソフトウェア 『Cubase 5』

スタインバーグソフトウェア 『Cubase Studio 5』

スタインバーグソフトウェア 『Cubase 5』 スタインバーグソフトウェア 『Cubase Studio 5』
スタインバーグソフトウェア 『Cubase 5』 / 『Cubase Studio 5』
オープンプライス
2009年3月中旬発売予定

2009年1月16日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、100%子会社であるSteinberg Media Technologies GmbH(本社:独・ハンブルグ市、以下スタインバーグ社)が開発した、音楽制作用デジタル・オーディオ・ワークステーション(以下DAW)ソフトウェアの最新フラッグシップモデル『Cubase 5』、中級モデル『Cubase Studio 5』を、2009年3月中旬から発売します。


<価格と発売日>

■Cubase 5
品名 品番 メーカー希望小売価格 発売日
スタインバーグソフトウェア CUBASE 5/R オープンプライス 2009年3月中旬
スタインバーグソフトウェア CUBASE 5/E(*1) オープンプライス 2009年3月中旬
(*1)アカデミック版
■Cubase Studio 5
品名 品番 メーカー希望小売価格 発売日
スタインバーグソフトウェア CUBASE STUDIO 5/R オープンプライス 2009年3月中旬
スタインバーグソフトウェア CUBASE STUDIO 5/E(*2) オープンプライス 2009年3月中旬
(*2)アカデミック版
*アップグレード、バージョンアップ版に関して
下記対象製品のご登録ユーザーの方にはアップグレード版、バージョンアップ版を用意します。
・対象商品
 Cubase 4 ・ Cubase SX3 ・ Cubase SX2 ・ Cubase SX1
 Cubase Studio 5 ・Cubase Studio 4 ・ Cubase SL3 ・ Cubase SL2 ・ Cubase SL1
 Cubase Essential 4 ・ Cubase SE3 ・ Cubase AI 4 ・ Cubase LE 4
 STUDIO CASE II ・ Sequel ・ Sequel 2

・販売価格および申し込み方法
詳細はスタインバーグバージョンアップセンターホームページ http://steinbergverup.yamaha.co.jp/ にて、2月下旬よりご案内いたします。
*特別バージョンアップ版について
Cubase 5ならびにCubase Studio 5の全世界向け発表(2009年1月16日:日本時間)以降に、Cubase 4もしくはCubase Studio 4を購入された方には、特別バージョンアップ版を無償で提供いたします。なお、Cubase 4ユーザー様は Cubase 5 のみ、 Cubase Studio 4 ユーザー様は Cubase Studio 5 へのみ特別バージョンアップが可能となります。

・対象となる方
ヤマハ株式会社が輸入・販売した Cubase 4 または Cubase Studio 4 を2009年1月16日以降にご購入(バージョンアップ版、アップグレード版含む)いただき、MySteinbergサイトにてユーザー登録された方。

・申込方法
パッケージ付属のお申し込みはがきにてスタインバーグバージョンアップセンターへお申し込みください。受付を完了したお客様には、製品発売日以降、順次特別バージョンアップ版を無償で送付いたします。お申し込みは2009年5月末までとなります。
また、期間中 Cubase 4 または Cubase Studio 4 バージョンアップ版・アップグレード版をスタインバーグバージョンアップセンターでご購入いただいたお客様には、特別バージョンアップ版のお申し込みは必要ございません。順次発送いたします。
詳細はスタインバーグのホームページ http://japan.steinberg.net/ver5_gp.html にてご案内いたします。

<製品の概要>

 スタインバーグ社は、 「アーティストがクリエイティビティを最優先した方法で、そして誰にでも入手できるテクノロジーを使って音楽制作できるように支援すること」 を理念に1984年に設立され、今年で25周年を迎えました。その間、音楽制作環境の形を確立した『Cubase(キューベース)』、ポストプロダクション、レコーディング、サラウンドプロダクションなどにおけるプロフェッショナルの要望に応える『Nuendo(ヌエンド)』、シンプルな操作で手軽に音楽制作を楽しめる『Sequel(シーケル)』など、幅広いソフトウェア製品を開発してきました。昨年には、当社とスタインバーグ社の開発スタッフが一丸となって作り上げたDSP内蔵オーディオインターフェース『MR816 CSX』『MR816 X』やDAWソフトウェア専用コントローラ『CC121』も発売、国内外より高い評価を頂いております。 25th anniversary steinberg  今回発売する『Cubase 5』および『Cubase Studio 5』は、スタインバーグ社の25年にわたる音楽制作ソフトウェア開発の経験から生まれたDAWソフトウェアの最新バージョンです。
 オーディオ/MIDIツールを使用した従来の作曲方法に加えて、「VariAudio」(Cubase 5 のみ)「Pitch Correct」から成る強力なボーカル編集・ピッチ修正ツール、「LoopMash」(Cubase 5 のみ)「Groove Agent ONE」「Beat Designer」といったオリジナリティあふれるビート制作支援機能、空間の音響特性を「サンプリング」するコンボリューション技術を採用したVST3対応リバーブプラグイン「REVerence」(Cubase 5 のみ)など、現代のトラックメイキングにおいて即戦力になる新機能を搭載し、革新的なソリューションを提示します。

 詳細は以下の通りです。

<Cubase 5 ならびに Cubase Studio 5 主な新機能>

シームレスに統合されたボーカル編集、ピッチ修正ツール
 
●VariAudio * Cubase 5 のみ
サンプルエディタに新搭載されたVariAudio機能は、ボーカルなどのソロパートのメロディーラインを分析し、一音一音の音声を音程単位で表示、解析された各音程のピッチ修正や音価の調節が行えます。編集内容のアンドゥ/リドゥにも対応しています。
●Pitch Correct
ヤマハ『Pitch Fix』(税込メーカー希望小売価格:26,040円)をCubase用に最適化し、標準搭載しました。ボーカルなどのソロパートに対して自動またはMIDIを使った音程コントロールが行えるVST3プラグインエフェクトです。
VariAudio、Pitch Correct
                        VariAudio *               Pitch Correct
新次元のミキシング
 
●REVerence * Cubase 5 のみ
空間の音響特性を「サンプリング」するコンボリューション技術を採用したVST3対応リバーブプラグイン。世界有数のスタジオ、アリーナ、スタジアムでサンプリングされた70種類以上のインパルスレスポンスを付属。また、インパルスレスポンスのインポートにも対応しています。
REVerence
●オートメーション操作の向上
スタインバーグ社オーディオ・ポスト・プロダクションソフトウェア『Nuendo 4』に搭載されたオートメーションパネルからミュージックプロダクションに特化した機能のみを厳選してCubase 5 / Cubase Studio 5に新搭載しました。柔軟かつ明快なオートメーション操作を提供します。
オートメーション操作の向上
●MIDIコントローラーのオートメーション設定
MIDIトラックに読み込まれたMIDIコントロールデータとそのトラックのMIDIオートメーションデータが存在するときに、両方のデータから最適なものを選択、または両データから新しいデータを作成する機能が加わりました。
MIDIコントローラーのオートメーション設定
オリジナリティあふれるビート作成のためのプラグインとインストゥルメント
 
●LoopMash * Cubase 5 のみ
複数のループ素材からオリジナリティ溢れるバリエーションを生成するクリエイティブツール(VST3インストゥルメント)。30種類以上のプリセットが付属。
●Groove Agent ONE
40種類以上のプリセットキットを標準搭載したVST3ドラム音源。サンプルファイルをインポートしてオリジナルキットを作成することも可能。また、MPCファイルのインポートも行えます。Cubaseのドラムエディタや新搭載のBeat Designerと組み合わせて素早くドラムトラックを作り出すことができます。
●Beat Designer
リズムトラックを視覚的に編集できるMIDIプラグイン形式のステップ入力ツール。
Beat Designer、LoopMash *、Groove Agent ONE
        Beat Designer LoopMash *   Groove Agent ONE    
表現の幅が拡がる機能の搭載
 
●拍子トラック、テンポトラックの搭載
プロジェクトウィンドウ上で直接テンポと拍子を編集できるようになりました。
拍子トラック、テンポトラックの搭載
●VST Expression
バイオリンのボウイングやピチカートなど複数のアーティキュレーション(奏法表現)を搭載した音源のコントロールをキーエディタおよびスコアエディタから視覚的にわかりやすく操作することができるようになりました。オリジナルのアーティキュレーションを設定できるエディターも搭載しています。
VST Expression VST Expression
●HALionOneに新プリセット“Expression Set 01”が追加搭載
HALionOne Expression Set 01には14種類のスタジオクオリティのインストゥルメントが含まれます。これらはCubaseの新たなアーティキュレーションコントロールと一緒に使うことで豊かな演奏を奏でることができます。
●HALion Symphonic Orchestraのトライアル版付属
別売のHALion Symphonic Orchestra(24bit/16bit版)を90日間試用可能(トライアル版は16bitのみ)。


最新OSへの最適化
 
●Microsoft Windows Vista 64bit版にフル対応
最新の64bit OSにネイティブ対応するCubase 5(Cubase Studio 5) 64bit版も付属。Vista Ultimate 64bitでは論理上、最大で1テラバイトのメモリーを搭載することができます。これにより、より多くのトラック、プラグイン、ソフトウェア音源を使ったプロジェクトを扱うことができます。
●WASAPI対応
Microsoft Windows Vistaの最新のオーディオドライバーテクノロジー“WASAPI”に対応しました。たとえばオンボードのオーディオデバイスを使用している場合でもこれまで以上に低いレイテンシーで作業することができるようになりました。
* WASAPI = Windows Audio Session API


スムーズで素早いワークフロー
 
●トータルエクスポート
一度の操作ですべてのオーディオチャンネルごとにオーディオデータを書き出すことができるようになりました。その他のDAWとの受け渡しが便利になりました。
●バーチャルMIDIキーボード
コンピューターのキーボードやマウスを使ってバーチャルインストゥルメントの演奏やMIDIノートのステップレコーディングなどが行える便利アイテムがつきました。

<動作環境>

Cubase 5 / Cubase Studio 5 共通
  Macintosh Windows
対応OS Mac OS X 10. 5.5 Windows XP Professional(SP2以降)/ WindowsXP Home Edition(SP2以降)/ Windows Vista(32/64bit版対応)
CPU Power PC G5
(Intel Core Duo 以上を推奨)
Pentium / Athron 2 GHz 以上
(Dual Coreプロセッサー推奨)
必要メモリー 1GB 以上 1GB 以上
ハードディスク空き容量 4GB 以上の空容量 4GB 以上の空容量
オーディオデバイス Core Audio 対応のデバイス Direct X、またはASIO 対応デバイス
(ASIO 対応デバイスを強く推奨)
ディスプレイ 1280 x 800 ピクセル以上 - フルカラー 1280 x 800 ピクセル以上 - フルカラー
その他 ・DVD-ROMドライブ
・USB 端子:付属のSteinberg Key (コピー・プロテクト・キー)接続用
・インターネット接続環境
(ライセンスアクティベーション、ユーザー登録、ソフトウェアおよびSteinberg Key ドライバのアップデータ・ダウンロード用)
・DVD-ROMドライブ
・USB 端子:付属のSteinberg Key (コピー・プロテクト・キー)接続用
・インターネット接続環境
(ライセンスアクティベーション、ユーザー登録、ソフトウェアおよびSteinberg Key ドライバのアップデータ・ダウンロード用)
*上記の動作環境、または推奨環境を満たしている場合でも、すべてのコンピューターにおける動作を保証するものではありません。
*コンピューターの総合的な性能によりパフォーマンスに違いがあります。
文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
お問い合わせ先 一般の方 報道関係の方
back