ページ内移動リンク


jet会員ホームページ

jet会員のご紹介~私たちのステキな先生~

月刊エレクトーン 2018年1月号 月刊エレクトーン
2018年1月号

全国にあるjet会員の個人宅教室を訪ね、エレクトーン指導の独自の工夫やエレクトーンへの想いをインタビューします。今月は、千葉県我孫子市から、子どもも大人も楽しいレッスンをモットーに奮闘する「すずき音楽教室」の鈴木由美先生(ミリオン楽器支部)を訪ねました。

2018年1月号 鈴木由美先生(ミリオン楽器支部)

PROFILE (すずき・ゆみ)小学1年生から個人レッスンでエレクトーンを始める。東京コンセルヴァトアール尚美(現在は尚美ミュージックカレッジ専門学校)時代には、渋谷の109の前のデモ演を見て憧れて、ヤマハのキーボードメイト(ショルキーのキャンペーン奏者)に。109出演は果たせなかったが、熊本、仙台、栃木などでデモ演を経験し、生来は人見知りながら、度胸がついたという。専門学校卒業後システム講師となる。6年の稼働後、結婚を機に退職。17年前からjetに入会し自宅教室を始める。お子さんはふたり。

鈴木由美先生

好きな曲をどんなジャンルでも弾かせたい。楽譜がなければ耳コピで一緒に楽譜を作ります!

取材のために駆けつけてくれた生徒の皆さんと。取材のために駆けつけてくれた生徒の皆さんと。

千葉県我孫子市、手賀沼の北、JR成田線湖北駅から徒歩5分の住宅街にある「すずき音楽教室」。レッスン室には、STAGEA ELS-02CとELC-02、D-DECK、グランドピアノ、そしてドラムセットも常備。鈴木由美先生は、生徒たちの教室外での演奏も応援している。
「外で弾きたい子が多いので、楽器を貸してサポートしています。長く通っている自閉症の生徒は児童福祉センターで同じような障害を持った方たちの前で演奏、高校生の男の子は演劇部で音楽担当、中学生のピアノの子が文化祭で弾く、という具合です」

テキストや曲集など充実した資料を収納した書棚。テキストや曲集など充実した資料を収納した書棚。

外での演奏活動をやりたいという生徒が多いのは、「子どもたちが好きな曲を弾かせたい」という鈴木先生の方針と姿勢が影響しているのだろう。生徒はサウンドカーニバルなどのjetのイベントにも積極的に参加、発表会は年に一度、3人の講師で合同発表会を行っている。
「発表会では“これ弾きたい!”と選んでくる子が多いんです。楽譜がなければ一緒に耳コピして楽譜を作ります。とにかく楽しく、どんなジャンルも弾かせたい。弾きたい曲のほうが、気持ちも入るのでは?」

発表会では、ピアノの生徒もエレクトーンを弾き、エレクトーンの生徒がピアノを弾くことも。もちろんドラムも演奏する。
「ふだんは個人レッスンですが、発表会では同じ年代の音楽の趣味が同じような子たちでアンサンブルも演奏します。エレクトーンの子もピアノの子も入り交じって楽器にこだわらず、ピアノもエレクトーンもドラムもできるように。コスプレして弾いたり、楽しそうですよ」

1月12日に行われたjetの講師3人による発表会から、低学年集合!1月12日に行われたjetの講師3人による発表会から、低学年集合!

同じく、高学年から大人の生徒までの集合写真。同じく、高学年から大人の生徒までの集合写真。

ソロ演奏より。ソロ演奏より。

9月24日に行われた、坂東市民音楽ホール リハーサル室でのオトナの発表会の集合写真。お茶をしながら和気あいあいと。9月24日に行われた、坂東市民音楽ホール リハーサル室でのオトナの発表会の集合写真。お茶をしながら和気あいあいと。

アンサンブル演奏より。ほかの楽器とも積極的にアンサンブル!アンサンブル演奏より。ほかの楽器とも積極的にアンサンブル!

サンバチームのパレードと生演奏やダンスで盛り上がるお祭り「ほくほくサンバ」は、湖北カスミ前で開催。サンバチームのパレードと生演奏やダンスで盛り上がるお祭り「ほくほくサンバ」は、湖北カスミ前で開催。

色とりどりの個性を持つ子どもたちと色鮮やかな音色を楽しむ

「実は、専門学校を卒業してシステム講師になるまで子どもが苦手だったんです。何を考えてるかわからないし。でも、実際に子どもたちと触れ合い、教えはじめたら面白くて。先入観なく触れられたのがよかったのでしょうか、ひとりひとりが考えもしないことをするのが楽しくなっていきました」

エレクトーンの魅力は多すぎてしぼれないけれど、ひと言で言えば、“色鮮やかな音色”と語る鈴木先生。色とりどりの個性を発揮する子どもたちは、どこかエレクトーンに通じるものがあるのかもしれない。鈴木先生はラテンジャズのような華やかなブラス系がお好き。そのエネルギーはどこから?
「エネルギーは子どもたちからもらっています。子どもたちひとりひとりが進みたい道を見つけて、その道に向かうにはどうしたらいいか、一緒になって模索しています。何はともあれ、大きくなったら、楽譜なくても楽器があれば弾けるよ、という人になってほしいですね」

教室には、ELS-02C、ELC-02、D-DECK(上だけ)、グランドピアノにドラムセットもそろう。教室には、ELS-02C、ELC-02、D-DECK(上だけ)、グランドピアノにドラムセットもそろう。

2017年2月、「まつど発達支援フェア」では、知的障害のある生徒さんがコンサートを行う。2017年2月、「まつど発達支援フェア」では、知的障害のある生徒さんがコンサートを行う。

2015年のサウンドカーニバルより。イトーヨーカ堂で開催。2015年のサウンドカーニバルより。イトーヨーカ堂で開催。

2013年8月けやき社会センターでの子ども会の演奏。2013年8月けやき社会センターでの子ども会の演奏。

月刊エレクトーン2018年1月号より 写真提供/jet本部 文/編集部