ページ内移動リンク


jet会員ホームページ

jet会員のご紹介~私たちのステキな先生~

月刊エレクトーン 2017年9月号 月刊エレクトーン
2017年9月号

全国にあるjet会員の個人宅教室を訪ね、エレクトーン指導の独自の工夫やエレクトーンへの想いをインタビューします。今月は、北は日本三大名泉「下呂温泉」の下呂市に、東は長野県に隣接する、緑豊かな山々と田圃に囲まれた加子母にある日下部亜希子先生(ヤマハミュージックリテイリング 名古屋店支部)の教室におじゃましました。

2017年9月号 日下部亜希子先生(ヤマハミュージックリテイリング 名古屋店支部)

PROFILE (くさかべ・あきこ)ニュートリノ観測のカミオカンデがある岐阜県飛騨市神岡町出身。幼稚園からエレクトーンのレッスンに通う。高校卒業後は名古屋のヤマハミュージックアカデミーで勉強を積み、卒業後ヤマハ音楽教育システム講師に。5年勤め、出産のため退職し、加子母に移リ住む。ふたり目のお子さんを出産後、自宅で教室を始める。手狭になったので離れを教室にしたいと相談するとご主人が自力でリフォーム!現在は約50名の生徒が通う。エレクトーン演奏グレード3級、指導グレード3級、ピアノ演奏グレード4級。

日下部亜希子先生

思い立ったらまず行動!音楽を楽しみながら、地域に貢献

下呂温泉からバスで40分、現在は中津川市に編入されたが、歴史も古いのどかな山間の村・加子母。システム講師を辞めて、この土地に嫁いだ日下部亜希子先生は、近所の子がひとり教えてほしいと言ってきたのを機に14年前に教室を始めた。ひとりで指導する不安を感じていたころ、本誌の広告でjetを知り、思い立ったら即行動!名古屋店支部に入会し7年になる。日下部先生は、毎月、車で往復5時間かけて支部に通うのだ。
「仲間ができたことが力になりましたし、入会したら、なぜか生徒が5、6人増え、4年前に夫が自力でリフォームした離れにレッスン室を移したら生徒が倍に! 何事も、行動すると結果がついてくるんですね」

看板も出さず口コミだけでその後も生徒を増やし、エレクトーンとピアノで生徒が50人弱通う。参考までに、加子母の小学校は在校生徒143人、中学校82人……。

パワースポット、樹齢1000年を越す加子母の大杉。パワースポット、樹齢1000年を越す加子母の大杉。

今年は8月30日に開催の奇祭“なめくじ祭”で、お参りする文覚上人の墓石。このお祭りに、教室の生徒が参加することもある。今年は8月30日に開催の奇祭“なめくじ祭”で、お参りする文覚上人の墓石。このお祭りに、教室の生徒が参加することもある。

年に3つのイベントを軸に音楽の和を広げる

人前で演奏することが音楽を続ける原動力となると信じているという日下部先生。
「4月の“HAPPY CONCERT”はソロ演奏を中心としたもの。7月の“夏休みデイサービス訪問”は、4日間で3ヵ所のデイサービスを回る約1時間のコンサート。これは中学生以下の参加は必須です。利用者さんが本当に喜んでくれるんです。そして、10月の“MUSIC LIVE”は親御さんやお友達も巻き込んで、福崎公園野外会場で行うアンサンブルとバンド演奏のライヴ。この3本のイベントを軸に発表会も兼ねて1年の行事としています」

今年は4月9日にアートピア付知で行われた“HAPPY CONCERT”より。今年は4月9日にアートピア付知で行われた“HAPPY CONCERT”より。

10月、福崎公園の野外ステージで行う“MUSIC LIVE”。10月、福崎公園の野外ステージで行う“MUSIC LIVE”。バンドやアンサンブル演奏を披露する。飛行機飛ばし大会など、楽しい企画が満載だが、なかでも“カップス”を使った大アンサブルには、昨年72名が参加。今年こそ“100人カップス”を目指す!

日下部先生は、この3つの行事に“楽しむこと”と“社会貢献”の思いを込めている。
「コンサートの前には招待状を作って学校で配り、集客には力を入れています!準備は気が遠くなるほど大変ですが、中学生以上の生徒や保護者の皆さんに仕事を割り振ってお願いすると、快く受けてくださり、あとはお任せで手伝ってもらえるんです(笑)」

中学生以下は必ず参加する、7月の“デイサービス訪問”。8年ほど続けている。D-DECKと電子ピアノを持参!中学生以下は必ず参加する、7月の“デイサービス訪問”。8年ほど続けている。D-DECKと電子ピアノを持参!

数々の曲集や月刊エレク
トーン、月刊ピアノが収まった本棚兼生徒の待合スペース。数々の曲集や月刊エレクトーン、月刊ピアノが収まった本棚兼生徒の待合スペース。

こういった積み重ねが地域で広がっていく。子育て支援なども盛んな加子母、日下部先生は、市主催の乳幼児親子向け音楽遊びや音楽療法、中高年向けの“歌の指導”も行っている。
「60代の方から80歳くらいまで11人集まって行う“歌の指導”は発声練習から始まっていろいろな歌を歌って、途中でお茶とおやつの時間も入って1時間半。今年4月で2年目になりますが、これが私も楽しくて(笑)」

エレクトーンは、好きな音楽、テレビや映画を観て気に入った音楽をそのまま再現できるのがたまらない魅力、と語る日下部先生。夢はレパートリーを増やしてミニコンサートができるようになること。ぜひ、実現させてください!

教室全景。教室全景。ELS-02、ELB-01、グランドピアノが置かれ、高い天井のレッスン室。なんと、ご主人が休日などを利用してリフォーム!

母屋に隣接した離れがレッスン室。母屋に隣接した離れがレッスン室。

6年生の手作り“教室通信”。この取材のことも書か
れていました!6年生の手作り“教室通信”。この取材のことも書かれていました!

壁の大きなスペースに掲げられた年頭にひとりひとりが書いた“今年の目標”。壁の大きなスペースに掲げられた年頭にひとりひとりが書いた“今年の目標”。

月刊エレクトーン2017年9月号より 写真提供/jet本部 文/編集部