ページ内移動リンク


jet会員ホームページ

jet会員のご紹介~私たちのステキな先生~

月刊エレクトーン 2017年7月号 月刊エレクトーン
2017年7月号

全国にあるjet会員の個人宅教室を訪ね、エレクトーン指導の独自の工夫やエレクトーンへの想いをインタビューします。今月は、戸畑祇園大山笠で有名な北九州市から、ご自宅の小窓に折紙を使ったディスプレイがかわいらしい「かねこ音楽教室」の金子香奈枝先生(ヤマハミュージックリテイリング 小倉店支部)を訪ねました。

2017年7月号 金子香奈枝先生(ヤマハミュージックリテイリング 小倉店支部)

PROFILE (かねこ・かなえ)4歳でヤマハ音楽教室に通いはじめ、その後個人レッスンで電子オルガンを続ける。子育てと仕事を両立するためjetに入会。以来、子育てを第一にしながらも自宅で多くの生徒を指導する。現在、エレクトーンとピアノで約40名が通う。いろいろなタイプの子どもたちとのおしゃべりの時間を大切にしている。保護者とのコミュニケーションに力を注ぎ信頼も厚く、きょうだい全員が「かねこ音楽教室」に通っている、というご家庭が多い。

金子香奈枝先生

小さなお子さんを中心に、大学生まで…教室の仲間との楽しいコミュニケーションこそ宝!

JR 戸畑駅から徒歩25分、車なら5分、学校が多く近くに公園もある暮らしやすい住宅街の一角に玄関脇にかわいらしい折紙で彩られた丸窓が目印の「かねこ音楽教室」がある。
「私が工作好きで(笑)。生徒募集で看板代わりにこの窓を飾ってみようかと始めたんです。毎月、小さい子どもたちと一緒に季節を意識して作っています」

こんなところからも金子先生のアイデアの豊かさ、工夫好きがわかる。

戸畑駅。「戸畑祇園大山笠」がユネスコ無形遺産登録を知らせる横断幕が見える。戸畑駅。「戸畑祇園大山笠」がユネスコ無形遺産登録を知らせる横断幕が見える。

季節ごとに小窓に飾られた折紙がかわいい!季節ごとに小窓に飾られた折紙がかわいい!

ヤマハ音楽教室の幼児科からスタートし、個人の先生についてピアノとエレクトーンを続ける。音楽短期大学卒業後は電子オルガン、ピアノ教室講師となる。7年間勤めて退職後結婚。自宅と出張講師で教える仕事を続けた。子育てと仕事を両立するため、改めてエレクトーンを学ぼうとjetに入会して17年、現在に至る。
「私は、小さいときから絶対にエレクトーンの先生になる、と思っていたんです。おしゃべりな私の話をよく聞いてくれる素敵なエレクトーンの先生に憧れて。今でも、おしゃべり好きな私は、とにかく生徒や親御さんとのコミュニケーションが一番大切だと思っています。とくに小さな生徒には、絵がついた楽譜などを使ってお話ししてイメージさせることが大事。大きくなったら楽しいことも話してくれるけれど、悩みも多いんです。時には人生の先輩としてお悩み相談所にも(笑)。それもあって続いているのかな」

教室での出会いを大切に 創意工夫で絆を作る

おしゃべり以外にももちろん工夫がいっぱい。たとえば、同じような年齢の子どもの個人レッスンをつなぎ、5分ほどを前後のふたりで一緒に「聴音」「音符かるた取り」「アンサンブル」などに充てる。
「『音符かるた』はいずれ中学の音楽の授業で出てくるのでふだんから覚えておくといいので、かるた遊びにしています。友達と一緒にすることで競争心や結束も生まれるんです。一緒に学ぶのが楽しくて、ふだんも一緒に遊ぶようになって、中には、同じ高校を受験して入学、仲良くアンサンブルしている生徒もいます」

レッスンでは、いろいろなグッズを使って楽しむ工夫がなされている。音符や記号をかるたにしたり、お囃子の太鼓などでリズムを刻んで遊んだり…。レッスンでは、いろいろなグッズを使って楽しむ工夫がなされている。音符や記号をかるたにしたり、お囃子の太鼓などでリズムを刻んで遊んだり…。

これからレッスンを受ける生徒と前の生徒と、5分くらい、一緒に聴音などのレッスンを行ったり、同級生同士でアンサンブルしたりと生徒同士の交流にも積極的。これからレッスンを受ける生徒と前の生徒と、5分くらい、一緒に聴音などのレッスンを行ったり、同級生同士でアンサンブルしたりと生徒同士の交流にも積極的。

2年前の12月の発表会の集合写真。発表会では、ママと生徒でかわいらしいダンスを披露したり、楽しい企画で盛り上がる。2年前の12月の発表会の集合写真。発表会では、ママと生徒でかわいらしいダンスを披露したり、楽しい企画で盛り上がる。

レッスン室全景。ELS-02C、ピアノ、キーボード2台に、シンセサイザーも1台あり。レッスン室全景。ELS-02C、ピアノ、キーボード2台に、シンセサイザーも1台あり。

資料などがきれいにしまわれた棚。資料などがきれいにしまわれた棚。

玄関には、戸畑祇園大山笠のミニチュアレプリカが!玄関には、戸畑祇園大山笠のミニチュアレプリカが!

もちろん、発表会にアンサンブルは必須項目だ。また、発表会への体験出演も積極的に行う。お姉さんやお兄さんが習っていて、妹や弟が興味を持ったなら、「お姉ちゃんやお母さんと一緒に弾いていいよ」と発表会前に無料でレッスンしステージに上げる。親御さんも喜ぶが、成功体験をした子どもはヤル気が芽生え、入会につながることも。
「とにかく、生徒を親身に育てていきたいんです。これからは、もっとエレクトーンの機能をしっかり身につけ、いろいろなイベントにも参加していけるよう、勉強していきたいですね」

ご自宅前で。先生の後ろに見える小窓(写真上)に注目!ご自宅前で。先生の後ろに見える小窓(写真右上)に注目!

月刊エレクトーン2017年7月号より 写真提供/jet本部 文/編集部