ページ内移動リンク


jet会員ホームページ

jet会員のご紹介~私たちのステキな先生~

月刊エレクトーン 2017年4月号 月刊エレクトーン
2017年4月号

全国にあるjet会員の個人宅教室を訪ね、エレクトーン指導の独自の工夫やエレクトーンへの想いをインタビューします。今月は、発表会でドラムとのアンサンブルなどを積極的に取り入れ、音楽を丸ごと楽しもうという、京都府長岡京市の渡辺由美先生(JEUGIA支部)の教室を訪ねました。

2017年4月号 渡辺由美先生(JEUGIA支部)

PROFILE (わたなべ・ゆみ)大阪府寝屋川市出身。5歳からヤマハ音楽教室に通いはじめ、エレクトーングループレッスンから個人レッスンへ。並行してピアノを学び、指導者養成コースにも通う。 仲間とのアンサンブル、EF、JOCなどいろいろ経験する。大学は国文科に進み、軽音楽サークルに所属。3年生からは楽器店で個人レッスンの講師を務め、大学卒業後はシステム講師に。その後結婚し、二女の母。趣味はミュージカル鑑賞。

渡辺由美先生

自分で聴いた音楽をなんでも表現できるエレクトーンで可能性を伸ばしたい

京都駅から新大阪方面、東海道本線(通称JR 京都線)の長岡京駅から徒歩10数分、一戸建ての“渡辺教室”のレッスンルームは、1階のリビングルームの一角にある。防音室を備え、電子ドラムとエレクトーン、グランドピアノが置かれている。娘さんは、滋賀大学の3年生でエレクトーンサークル“どどんぱ”に在籍、ご主人もギターを演奏する、音楽好きの一家だ。

 

1階のリビングルームがレッスンルーム。防音室を設置し、ELS-02Cと電子ドラムはこちらで。1階のリビングルームがレッスンルーム。防音室を設置し、ELS-02Cと電子ドラムはこちらで。

「主人とは大学の軽音楽サークルで知り合いました。うちはリビングでレッスンしているので、家族の理解と協力に感謝しています」

大学生のときに、大阪の大東楽器で個人レッスンを始めたのが教える仕事の最初。子どもたちに音楽を教える楽しさを知ったことで、目指していた教師ではなく音楽指導者の道へ。子育て期間にお隣の娘さんのレッスンを始まりに少しずつ生徒さんの輪が広がる。現在は友人の勧めでJEUGIA所属、jet会員として活動している。

「JEUGIA支部はサポート役のアドヴァイザリースタッフの先生方が情報伝達やアドバイスに親身になってくださいます。加えてjet仲間の先生方に会って話せる定例会は楽しみです」

防音室の中の棚には、エレクトーン曲集や月エレを収納。防音室の中の棚には、エレクトーン曲集や月エレを収納。

子どもたちの描いた絵も発見! みんなの目に止まる掲示板。子どもたちの描いた絵も発見! みんなの目に止まる掲示板。

大事に飾る、娘さんのJEF出演時の記念写真(親子で師事する高橋富美子先生)とトロフィー。大事に飾る、娘さんのJEF出演時の記念写真(親子で師事する高橋富美子先生)とトロフィー。

窓際にグランドピアノ。窓際にグランドピアノ。

会員250名を数える支部では、サウンドカーニバルなどイベントも積極的に開催。また、jet会員によるアンサンブルコンサートも盛大に行われていて、来年1月にはロームシアター京都でのコンサートを予定している。加えて渡辺教室独自のイベントも。

「発表会は2年に一度。そのほか夏の終わりにサマーコンサート、クリスマス会を毎年企画。生徒さんや保護者の方同士の交流の場としても楽しみにしてくださっています」

みんなの個性が発揮される楽しいサウンドカーニバル。2016年、大宮アマデウスサロンにて。みんなの個性が発揮される楽しいサウンドカーニバル。2016年、大宮アマデウスサロンにて。

夏休みの終わりにはサマーコンサート、ドラムにも挑戦!夏休みの終わりにはサマーコンサート、ドラムにも挑戦!

イベントをとおしていろいろな経験をしてほしい

そういったステージの準備では、選曲が一番難しいという。

「憧れに挑戦したい気持ちを大切に、好きな曲だと頑張れるのでお互いこの曲!と納得できるまで選びます。そして弾けてから完成させていく段階、もっと素敵に音が変わっていくのを体験できるのが、一番楽しいところだと思います。サウンドカーニバルやエレクトーンフェスティバルなどでは、自分の弾きたい曲を選んで耳コピに取り組むことも多いです。最初はメロディーのまねからですが、私自身バンド経験の中で、いろんな楽器の音を段階的に聴き取れるようになったので、サポートしながら作っていきます。サウンドカーニバルはアットホームな雰囲気のなかで自分のアレンジ曲を演奏できるので、みんな大好き。毎年、大勢が楽しんで参加してくれます」

こうしたイベントをとおして、いろいろな経験を積んでほしいという渡辺先生。

「子どもたちひとりひとりには可能性がすごくあって、何かのきっかけで伸びることがある。それを見守って伸ばしていきたい。一生音楽を楽しむための素地を身につけてほしい、それが私の願いです」

2016年4月3日の龍谷大学アバンティ響都ホールでの発表会集合写真。連弾、アンサンブルで共演した保護者の方々も一緒に♪2016年4月3日の龍谷大学アバンティ響都ホールでの発表会集合写真。連弾、アンサンブルで共演した保護者の方々も一緒に♪

jet仲間の高田先生とドラム共演の発表会。2012年ウィングス京都にて。吹奏楽部の生徒は管楽器でアンサンブルも。チームごとの衣装も毎回楽しみ!jet仲間の高田先生とドラム共演の発表会。2012年ウィングス京都にて。吹奏楽部の生徒は管楽器でアンサンブルも。チームごとの衣装も毎回楽しみ!

月刊エレクトーン2017年4月号より 写真提供/jet本部 文/編集部