ページ内移動リンク


jet会員ホームページ

jet会員のご紹介~私たちのステキな先生~

月刊エレクトーン 2017年2月号 月刊エレクトーン
2017年2月号

全国にあるjet会員の個人宅教室を訪ね、エレクトーン指導の独自の工夫やエレクトーンへの想いをインタビューします。今月は、幼児のころから現在もレッスンに通い、自身の研鑽を重ねる埼玉県さいたま市「もりた音楽教室」の森田雪子先生(和幸支部)を訪ねました。

2017年2月号 森田雪子先生(和幸支部)

PROFILE (もりた・ゆきこ)5歳からエレクトーンを始める。中学までは個人宅教室で、高校から現在も和幸大宮西口センターに通う。並行して中学から20歳まで、吹奏楽にも熱心に取り組む。高校卒業後は一般企業で働きながらエレクトーン勉強を継続、結婚後jet会員となり、指導の道へ。保育園年少さんから大人までひとりひとりに寄り添ったレッスンで、幅広くエレクトーンを指導。会社員時代に一緒にバンドを組んだベーシストが旦那様。周りからユッコスマイルと呼ばれる天性の明るい笑顔がトレードマークだ。

森田雪子先生

エレクトーンの勉強が続けられるjetの活動は、スケジュールの優先順位No.1

さいたま市岩槻区にお住いで、最寄りの駅は埼玉高速鉄道の浦和美園駅。徒歩10分ほどの住宅街に「もりた音楽教室」がある。自宅の2階にあるレッスン室にはエレクトーンが2台。ELS-02CとD-DECK。間もなくELC-02カジュアルモデルもやってくる。

ELS-02CとD-DECK、そして、ELC-02も間もなく届きます!ELS-02CとD-DECK、そして、ELC-02も間もなく届きます!

保育園会場で。昨年から使っている新テキストを持って。保育園会場で。昨年から使っている新テキストを持って。

幼いころからエレクトーンの先生になるのが夢だったが、ご両親は音楽を仕事とすることに反対で、一般企業に勤めながらエレクトーンの勉強も続けた。演奏グレード5級受験の時期などは、残業を断ってレッスンに通った経験も。職場結婚後退職しjetに入会。保育園に場所を借りて教室を開設し、長年の夢を叶える。卒園した生徒が自宅教室の第1号で、それからふたつの教室を切り盛りするように。教えるのはエレクトーンのみ。今も大宮西口センターへ自身のレッスンに通いつづけ、その生活はエレクトーンが優先順位1番、家事は2番(笑)。jetの定例会やアレンジステージ、生徒が参加するサウンドカーニバルなど、jet関連のスケジュールが最優先という。

11月に行われたサウンドカーニバルより。アンサンブルも披露し、最後にはゲストの坂本有正の伴奏で全員合唱!11月に行われたサウンドカーニバルより。アンサンブルも披露し、最後にはゲストの坂本有正の伴奏で全員合唱!

仲間が支えてくれるjet 自分ひとりで抱えなくていい!

jetのサイトにある会員専用の「資料室」からダウンロードして使っている鍵盤図など。季節ごとにドリルも模様替えできる。jetのサイトにある会員専用の「資料室」からダウンロードして使っている鍵盤図など。季節ごとにドリルも模様替えできる。

森田先生のレッスン方針は、ひとりひとりの生徒をよく見て、コミュニケーションをとり、その生徒に合ったレッスンを工夫すること。レッスンツールは、jetのサイトにある資料室(会員専用のページで、レッスンツールのダウンロードなどができる)を有効活用している。

「クリスマスだったらクリスマスのイラストで書かれたト音記号の五線にドレミを書き込む問題などがダウンロードできて、子どもたちは絵柄が変わると喜んでやってくれます。ほかにも和音やコードの順次進行のクローバーのカードなどよく使っています。エレクトーン専用アプリ『エレクトーン弾き放題!』も利用しています」

iOS用アプリ「エレクトーン弾き放題!」も有効活用!iOS用アプリ「エレクトーン弾き放題!」も有効活用!

生徒さんたちも取材の応援に駆けつけました。生徒さんたちも取材の応援に駆けつけました。

支部の定例会も皆勤賞という森田先生、支部主催のイベントやコンサートにも熱心に参加。

「会社員のころにはエレクトーンフェスティバルにも出て、金賞をいただいたこともあり、イベントやコンサートに取り組むことで得るものは大きいと感じています。アレンジステージには、楽器に向き合うためのいい機会だから、頑張って挑戦しよう、と支部の仲間と励ましあって参加しつづけています。支部の“「発表会」研究会”から生まれたハートフルコンサートには、研究の成果を実践する場として、先生と生徒が参加し、アンサンブルも行います。jetの良さは、エレクトーンを学ぶ機会がたくさんあること、そして、仲間がいること。先輩の経験も聞け、困ったことも相談でき、自分ひとりで抱えることがなくなったことだと思います」

継続は力。その“力”を携え、大好きな音楽、エレクトーンとともに笑顔で周りを明るくする森田先生なのだ。

2年に1回行われる「ギャラクシーコンサート」。写真は2013年より。
2015年11月にも開催された。2年に1回行われる「ギャラクシーコンサート」。写真は2013年より。2015年11月にも開催された。

毎年、大宮プラザノース多目的ホールで行う「クリスマスライブ」(右)。携わった和幸支部の先生方と(左)。毎年、大宮プラザノース多目的ホールで行う「クリスマスライブ」(右)。携わった和幸支部の先生方と(左)。

2年に1回開催している「ハートフルコンサート」。支部の会員の自由な発想で作られる合同発表会Special!2年に1回開催している「ハートフルコンサート」。支部の会員の自由な発想で作られる合同発表会Special!

月刊エレクトーン2017年2月号より 写真提供/jet本部 文/編集部