ページ内移動リンク


jet会員ホームページ

jet会員のご紹介~私たちのステキな先生~

月刊エレクトーン
2016年2月号

全国にあるjet会員の個人宅教室を訪ね、エレクトーン指導の独自の工夫やエレクトーンへの想いをインタビューします。今月は、神奈川県藤沢市から実は、“理系女子”という、小島真弓先生(ヤマハミュージックリテイリング横浜店支部)をご紹介します。

2016年2月号 小島真弓先生(ヤマハミュージックリテイリング横浜店支部)

PROFILE (こじま・まゆみ)5歳のころから、自宅指導の先生(jet会員)のもとでエレクトーンのレッスンを始め結婚後まで続ける。理系の大学を卒業後、一般企業にシステムエンジニアとして入社。結婚を機に、将来を見据え、小さいころからなりたかったエレクトーンの先生を目指すことに。jet入会後は月例会や研究会、サウンドカーニバル、アレンジステージにも積極的に参加。生徒の多くはホームページからの入会という。

一念発起して、エレクトーンの先生に!楽しいレッスンを行うため、自身を磨きつづける

エレクトーンはELS-02CとELB-01、そしてクラビノーバCLP-230のあるレッスン室。エレクトーンはELS-02CとELB-01、そしてクラビノーバCLP-230のあるレッスン室。

JR、小田急線、江ノ島電鉄のターミナル駅の藤沢駅からバスで10分ほど、閑静な住宅街の一角、幼稚園の隣が「小島エレクトーン教室」。10年前に家を建てたときに、教室も始めることを計画していたということで、玄関を入ってすぐのところにレッスン室がある。
「小さいころから漠然とエレクトーンの先生になりたい、という気持ちはありましたが、結婚をすることになるまでは、趣味程度にただ好きで続けていました」という小島先生。就職して2年目で結婚が決まり、システムエンジニアの職を結婚後続けられるか、立ち止まって考えたそう。

一戸建ての多い住宅街にある小島エレクトーン教室。一戸建ての多い住宅街にある小島エレクトーン教室。

教室オープンのお祝いに友人から贈られた手作りの看板。教室オープンのお祝いに友人から贈られた手作りの看板。

趣味程度とご本人は謙遜されるが、5歳から受験時期を除き、就職後も職場の藤沢から亀有の教室まで通ってレッスンを続けたのだから、エレクトーンへの“気持ち”は本物だった。師匠である先生から、jet入会を勧められ、jet入会のために、5級を取ろう!と思い立った。
「私はエレクトーンの先生に転職するので会社を辞めますと言い(笑)、グレード5級を取るために藤沢センターに習いに行きました」

リビングルームで行う恒例のクリスマス会。2015年も楽しく行われた。リビングルームで行う恒例のクリスマス会。2015年も楽しく行われた。

自分のペースを保ちながら、幅広い活動を目指したい

5級を取り、教えてほしいという生徒も現れ、jetに入会。
「jetに入会して、教える仕事のあらゆることをサポートしてもらいました。月2、3回のスクールングや研究会、アドヴァイザリースタッフや支部の皆さんの励まし、と私にとって大切な場です。生徒さんによりよいレッスンを続けるためには、学んだことを生徒さんに反映できるよう努力すること、そして、自分自身のスキルアップは欠かせないことだと思っています。自分が立ち止まるわけにはいかないですね。私自身が今となって音楽が人生の宝となっているように、生徒にもぜひ音楽を一生の財産としてほしいと願っています」

ヤマハ藤沢ホールで開催した「合同発表会」より。生徒はソロ演奏の楽しいプログラム。講師のアンサンブル演奏が呼びもの!ヤマハ藤沢ホールで開催した「合同発表会」より。生徒はソロ演奏の楽しいプログラム。講師のアンサンブル演奏が呼びもの!

サウンドカーニバルより。ひとりひとりの個性が生きたクオリティの高い演奏を発表!

そのためにも、楽しいレッスンを志す。
「新しいjetの教材の『だいすきエレクトーン』を使いはじめて、生徒がCDをよく聴いてきてくれるので、レッスンがスムーズになりました。リズムの感じ方や曲に対する思いが出てきて、物語の中に入っていってくれるようです。支部での手厚い研修が本当に役に立っています」
小学生と来年幼稚園というお子さんふたりを育てながら仕事を続けるには、生徒14名、週4日の稼働が今はちょうどいい。自分のペースを保ちながら、今後は教室を飛び出して、幅広い活動をしていきたいという目標も語ってくれた。
「これからは、自分のスキルアップのためにも、音楽療法を学んだり、地域での演奏活動を始めたりしていきたいと思っています」

かわいらしい表紙の自作レッスンノート。中身も充実している。毎回のレッスン記録や発表会の目標カードとシート、鑑賞メモ欄にカレンダーと工夫を凝らす。かわいらしい表紙の自作レッスンノート。中身も充実している。毎回のレッスン記録や発表会の目標カードとシート、鑑賞メモ欄にカレンダーと工夫を凝らす。

2014年6月からスタートした手作りの「レッスンだより」。2ヵ月に1回お知らせやグレード合格発表、レッスンのお約束など、毎回、読みやすくまとめられている。2014年6月からスタートした手作りの「レッスンだより」。2ヵ月に1回お知らせやグレード合格発表、レッスンのお約束など、毎回、読みやすくまとめられている。

月刊エレクトーン2016年2月号より 写真提供/jet本部 文/編集部



y[W̐擪ɂǂ