ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

11月 11日

ミュージカル「キャッツ」が劇団四季により日本初演(1983)

真っ黒テントの専用劇場で、日本初のロングランを実現

 1983年東京・西新宿の高層ビルの谷間に、黒地にネコの眼が光る巨大なテントが出現。ロングランを目指して仮設の専用劇場を建ててしまうという前例のないミュージカル「キャッツ」が11月11日、幕を開けました。「キャッツ」はT.S.エリオットの詩をもとにアンドリュー・ロイド=ウェッバーが作曲し、ロンドンやブロードウェイで大ヒットを記録したミュージカルです。演出家・浅利慶太率いる劇団四季が総力をあげて日本版を上演。翌年11月10日まで1年間のロングランを達成し、観客動員48万1000人、動員率95%(※)という新記録をつくりました。つづく大阪・名古屋・札幌・福岡の公演も大成功。「キャッツ」は日本にミュージカルブームを巻き起こしたのです。

 満月の夜、都会の片隅のゴミ捨て場に集まった24匹の誇り高き猫。今夜は長老猫が最も純粋なただ1匹の猫を選ぶ、舞踏会なのです。夜を徹して次々に歌い踊る、個性あふれる猫たち。夜明け前、選ばれた1匹の猫は永遠の命を受けて昇天していく‥‥というストーリー。舞台装置はすべて猫の目線でつくられ、ゴミ捨て場の空き缶やタイヤなど全ての小道具が巨大。観客も猫になったような気分で、躍動感あふれる舞台を堪能したのです。劇中の曲「メモリー」はテレビCFでも何度も流れ、お茶の間でもすっかりおなじみになりました。

 「キャッツ」は過去の大ブームと思ったら大間違い、今も現在進行形の作品です。2001年、大阪に8年ぶりに登場。98年の福岡公演から300箇所以上もの変更を加えてますますパワーアップした舞台を披露しました。劇団四季はディズニーと提携した話題作「美女と野獣」「ライオンキング」の上演や、東京・四季劇場の建設などつねに挑戦をつづけ、新鮮で緊張感あふれる舞台を提供してくれています。

※動員率:公演期間中の全客席数を100%とした場合の数値。


メモリー 作曲:Andrew Lloyd Webber 2001 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる