ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

08月 12日

ギタリスト、パット・メセニー誕生(1952〜)

時代の先駆者・メセニーも、デビューには苦労した?

 もはやジャズ・ギタリストという形容が当てはまらないほど、さまざまなジャンルをクロスオーバーしたサウンドを生み出しているパット・メセニー。彼のデビューのきっかけも型破りなものでした。彼が18歳の夏、カンザス州の大学の音楽祭で、その日の出演者でビブラフォンの第一人者、ゲイリー・バートンの楽屋にいきなり押しかけ、「僕はあなたのグループのレパートリーだったら全部弾くことができます。だからあなたのグループに入れてください。」と訴えたのです。ゲイリーが試しに弾かせてみたところ、その演奏は非常に素晴らしかったものの、当然ながらグループには既にギタリストがいるわけで、入れてはもらえませんでした。そこで彼は一計を案じ、その後ゲイリーの自宅に、今度は12弦ギターを持って遊びに行きます。「これならもう1人のギタリストと音がぶつからない。」ということで、ゲイリーは彼の加入を認め、パットは晴れて21歳の74年、ゲイリー・バートン・グループのギタリストとしてデビューしたのでした。

 翌75年には初のリーダー・アルバム『ブライト・サイズ・ライフ』を発表。そしてゲイリー・バートン・グループ脱退後の78年、名パートナーとなるキーボーディストのライル・メイズらとパット・メセニー・グループを結成。グループ第1作の『想い出のサン・ロレンツォ』では、ジャズ/フュージョンを下敷きにしながらも、「フェイズ・ダンス」などスケールの大きい映像的なサウンドが反響を呼びます。翌年には様々な種類のギターとベースを、すべて1人で演奏したソロ作品『ニュー・シャトークァ』も発表し、グループとしての活動とアバンギャルドなソロ活動という2本柱を確立。さらに名曲「ついておいで」を収録し、いち早くギター・シンセを導入したことでも話題となった81年のグループ作品『オフ・ランプ』でグラミーを初受賞すると、その後はほぼ毎年のように同賞にノミネートされ続け、現在までに何と13個ものグラミーをゲット。常に時代を先駆けた意欲的な作品を生み出し続けているメセニーは、まさに真のクリエイターといえるでしょう。


フェイズ・ダンス 作曲:Pat Metheny,Lyle Mays 2000 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる