ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

07月 14日

「尋常小学読本唱歌(文部省唱歌)」刊行(1910)

唱歌とは音楽授業のことでもあった

 1910(明治43)年、文部省より「尋常小学読本唱歌」が刊行されました。これは、当時の小学校(尋常小学校)の教科書として、文部省が初めて制定した唱歌集です。この本の中では、作曲者名をあげず、ただ「文部省著作」と記されていたので「文部省唱歌」と呼ばれるようになりました。翌年には学年別に編集された「尋常小学唱歌」の刊行が始まり、1932(昭和7)年にはそれらを全面改訂した「新訂尋常小学唱歌」となって、1941年(昭和16)に小学校が国民学校に変わるまで長く授業で使われました。この文部省唱歌の中でよく知られている歌としては、「われは海の子」「春が来た」「春の小川」などがあります。

 ところで、そもそも“唱歌”とは何でしょう?1872(明治5)年に学制発布されたとき、小学校の授業の1科目として「唱歌科」が設けられたことから、「唱歌」という言葉ができました。それ以後、学校の音楽の授業のことを「唱歌」と呼ぶようになり、授業で使われる歌曲集も「唱歌」と呼ばれるようになったのです。ちなみに「文部省唱歌」が制定される前には、「小学唱歌集」「ヱホンシャウカ」「児童唱歌」など民間発行の唱歌集が使用されていました。


われは海の子 作曲:不詳 1999 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

  • アメリカのフォーク歌手、ウディ・ガスリー誕生(1912〜1967)

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる