ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

06月 13日

ストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」初演(1911)

 ロシア出身の作曲家イーゴル・ストラヴィンスキー(1882〜1971)は、20世紀前半のクラシック音楽界を常にリードした人物でした。彼が大きな脚光を浴びたのは、ディアギレフが主宰するロシア・バレエ団のために作曲した「火の鳥」で、パリ・オペラ座でのこの公演が大成功に終わったため、その第2弾として書かれたのが「ペトルーシュカ」でした。

 この曲の舞台は1830年ごろ、ロシアのニコライ1世の統治下にあったペテルブルクの市街にある人形芝居小屋です。にぎやかな「謝肉祭」の真っ最中。人形使いが3つの人形(ペトルーシュカ、ムーア人、バレリーナ)に命を吹き込むと、それぞれが生き物となって、動きだします。そのうちにペトルーシュカとムーア人は、バレリーナに恋をします。2つの人形はバレリーナを取り合いますが、最後にはムーア人にペトルーシュカが殺されてしまいます。人形使いは、これはただの人形だと観客に説明しますが、ペトルーシュカの幽霊が現れると、人形使いは恐ろしくなって逃げ出してしまうのです。「ペトルーシュカ」は、ロシアの農民によくある名前で、このバレエのストーリーは、思いがかなわず惨めに死んでいく、というその時代のロシア農民の姿を暗に表現したものだとも言われています。

 ストラヴィンスキーは、こうしたストーリーを、多くの打楽器やチェレスタなどを使った当時としては非常に斬新なオーケストレーションによって書き上げました。中には、たくさんのロシアの民謡のメロディも織り込まれ、それが親しみやすさの理由ともなっています。


ペトルーシュカよりロシアの踊り 作曲:Igor Stravinsky 1995 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

  • イタリアの作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディオペラ「シチリア島の夕べの祈り」初演(1855)
  • ドイツのソプラノ歌手、エリーザベト・シューマン誕生(1888〜1952)
  • フランスの作曲家、フランシス・プーランクの合唱曲「スターバト・マーテル」初演(1951)
  • アメリカのジャズ・クラリネット奏者、ベニー・グッドマン没(1909〜1986)

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる