ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

03月 15日

アメリカのギタリスト、ライ・クーダー誕生(1947〜)

ギターの名手にして古い音楽を蘇らせる“案内人”

 ライ・クーダーは単なるギタリストというより、今では埋もれてしまっている古い音楽を、確かなギター・テクニックで現代に蘇らせる“案内人”といったほうが適切かもしれません。2000年1月に公開された話題の映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』でも、現在は一線を退いている往年のキューバのミュージシャンたちを捜し出して共演し、伝統のキューバ音楽の魅力を伝えてくれています。

 1947年ロサンゼルスで生まれたライは、少年時代から古いカントリー・ブルースソプラノにのめり込み、熱心にスライドギターオープン・チューニングフィンガー・ピッキングといった奏法を学びました。有名なブルース・ミュージシャンがライブに来たとき、ライ少年は宿まで押しかけ、なけなしの小遣いの5ドルを払って自分の目の前で演奏してもらったといいますから、その探求心は並々ならぬものがあります。60年代後半から作編曲家のジャック・ニッチェの元でセッション・ミュージシャンとしてキャリアを積み、ローリング・ストーンズのレコーディングにも参加。そのギター・プレイはキース・リチャーズに大きな影響を与えました。そして70年にソロ・デビューを果たし、初期のアルバムでは1920年代末〜30年代のいわゆる“不況ソング”を中心にしたフォークやカントリー・ブルースを、当時にうまく蘇らせました。 以後、テックス・メックスハワイアン、20年代のジャズソウルR&Bから沖縄の音楽(喜納昌吉やネーネーズのアルバムにも参加)に至るまで、時代や国境を越えてさまざまな楽曲を紹介し続け、日の当たらない音楽を蘇らせる“案内人”として高く評価されるようになったのです。

 80年代からは映画のサウンドトラックも数多く引き受けており、その代表作がヴィム・ヴェンダース監督の84年度作品『パリ、テキサス』。古いブルース曲「ダーク・ワズ・ザ・ナイト」をモチーフに、アコースティックのスライドギター1本で、無口な主人公の心情を見事に表現した名演を披露しています。ソロ名義の作品が85年以来ごぶさたなのはファンにとっては複雑なところですが、90年代も『ジョニー・ハンサム』や『エンド・オブ・バイオレンス』といったサントラや、97年のグラミーでトロピカル・ラテン・アルバム賞を受賞し、同名の映画が作られるきっかけにもなった『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』など、完成度の高い作品を精力的に発表。一般のファンはもちろん、多くのミュージシャン仲間から高く評価されている“ミュージシャンズ・ミュージシャン”の一人、といえるでしょう。



  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる