ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

08月 13日

映画監督アルフレッド・ヒッチコック誕生(1899〜1980)

サスペンス映画の傑作を彩った名曲の数々

 1899年の夏、丸々太った元気な赤ん坊がロンドンで生まれ落ちました。この子こそ、長じてはハリウッドで数々の傑作を仕上げ、スリラー、サスペンス映画の神様と言われた映画監督ヒッチコックです。彼の映画は、どれも巧みな語り口で見る者を捉えて離しませんが、実はその面白さの秘密のかなり大きな部分を、音楽が担っているのです。

 例えば『知りすぎていた男』(1956)では、主演女優でもあるドリス・デイの有名な歌「ケ・セラ・セラ」が、誘拐された息子を捜す重要な鍵となりますし、クライマックスのイギリス首相暗殺シーンは、ロイヤル・アルバート・ホールに於けるロンドン交響楽団演奏会を舞台にしています。また、ミステリーの中にロマンスをたっぷり盛り込んだ『めまい』(1958)では、情感溢れる管弦楽を豊かに鳴らしたのに対し、異常な殺人を描く『サイコ』(1960)では、白黒の画面に合わせ、モノトーンの弦楽合奏が、非情な冷たさで緊迫を盛り上げていきます。それどころか、『鳥』(1963)では、当時の常識に反し、本編から音楽を完全に排除することさえしています。

 これらの作品は全て作曲家バーナード・ハーマンが音楽を付けていますが、他にもディミトリー・ティオムキン、フランツ・ワックスマン、ジョン・アディスン、ジョン・ウィリアムズなど、第一級の映画音楽作曲家と組んでいるところを見ても、ヒッチコックがどれだけ音楽を重視したかが分かりますね。

 なお、ヒッチコックといえば、日本でも1957/63/85年と放映されたテレビ・シリーズ『ヒッチコック劇場』(1955-62)を思い出される方もいらっしゃるでしょう。番組の冒頭にヒッチコック自身が登場する、とぼけた味わいのこのサスペンスドラマのテーマ音楽は、19世紀フランスの作曲家グノーの「操り人形の葬送行進曲」という曲。ちょっとグロテスクでユーモラスな感じの曲想が、まさにドラマにピッタリでした。


操り人形の葬送行進曲 作曲:Charles Francois Gounod 2000 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる