ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

04月 23日

イギリスのロック・シンガー、フィル・コリンズがソロで初来日コンサート(1985)

ヒット曲連発、人気絶頂での来日に、日本中が大フィーバー

 ロック・バンド、ジェネシスのドラマー/ボーカルとして活躍する一方、81年2月に「夜の囁き」でシンガーとしてソロ・デビューしたフィル・コリンズ(1951〜)。彼の黄金時代は84年、映画『カリブの熱い夜』の主題歌「見つめて欲しい」の全米チャート1位獲得で幕を開けました。85年のサード・アルバム『フィル・コリンズIII』とシングル「ワン・モア・ナイト」が英米でチャート1位。エリック・クラプトンのアルバムをプロデュースしたり、世紀のチャリティー・イベント『ライブ・エイド』では、イギリスでジェネシスの一員として出演した後、コンコルドに乗って大西洋を横断し、その日のうちに再結成したレッド・ツェッペリンのステージでドラムをたたくという離れ業も演じたのです。翌86年のグラミー賞では、ベスト男性ポップ・ボーカルとベスト・プロデューサー、ベスト・アルバムを受賞。その勢いでジェネシスのアルバム『インヴィジブル・タッチ』も大ヒット。まさに飛ぶ鳥をも落とす勢いで、その活躍は質・量ともにすさまじいものでした。

 そんな人気絶頂時の、“世界中で最も多忙な男”と呼ばれたフィル・コリンズのソロ初来日だけに、会場となった東京武道館は、70年代からのジェネシス・ファンはもちろん、プログレなんて言葉も知らない若い女性まで、幅広い年齢層の観客で満員になりました。フィルは基本的に歌うことに専念してエネルギッシュなボーカルを聴かせ、ときにはピアノの弾き語りや、10代のころ子役として活躍した経歴を彷彿とさせる演技を交えるなど、エンターテインメント性たっぷりのステージを展開。もちろん、ドラム・セットに座れば華麗なドラミングを披露し、当時最先端のコンピュータ制御の照明システムによる豪華な光の演出と相まって、見事に聴衆を魅了しました。ちなみに、あのキューピー人形みたいなルックスながら、若い女性ファンからも「カワイイ」「母性本能をくすぐる」とモテモテで、彼の来日フィーバーによって勇気を与えられた中年男性諸氏も多かったということです。


ワン・モア・ナイト 作曲:Phil Collins 2001 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

  • 作家、シェイクスピア誕生(1564〜1616)
  • フランスの作曲家、ガブリエル・フォーレの「ピアノと管弦楽のためのバラード」初演(1881)
  • ロシアの作曲家、セルゲイ・プロコフィエフ誕生(1891〜1953)
  • アメリカのロック歌手、ロイ・オービソン誕生(1936〜1988)
  • フォーク歌手、河島英五誕生(1952〜2001)
  • ドイツのソプラノ歌手、エリーザベト・シューマン没(1888〜1952)
  • チューブのボーカリスト、前田亘輝誕生(1965〜)
  • バットフィンガーのボーカリスト、ピート・ハム没(1947〜1975)
  • アメリカのジャズ・ピアニスト、レッド・ガーランド没(1923〜1984)
  • アメリカの映画音楽作曲家、ハロルド・アーレン没(1905〜1986)

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる