ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

04月 21日

ロック・シンガー、イギー・ポップ誕生(1947〜)

パンクのゴッドファーザー

 ギターを壊したり、燃やしたり、はたまたニワトリの首を切ったりと、ロックには過激なステージ・パフォーマンスで有名なアーティストは多いですが、過激さ、痛さでは文句無しにトップなのがイギー・ポップでしょう。何せ、刃物で皮膚を切り裂いたり、熱いロウを頭からかぶったり、ガラスの破片をステ−ジにバラまいてその上を転げ回り、ついには救急車で運ばれたという伝説の持ち主なのですから。

 47年にミシガン州で生まれたイギー・ポップは、もともとドラマーとしてブルース・バンドで演奏していました。しかし67年、ジム・モリソン率いるドアーズに衝撃を受けて、自ら歌うことを決意し、ストゥージズを結成します。サイケデリックが全盛の時代に、シンプルなリフコードで直線的に押しまくる演奏は、まさに早すぎたパンクと呼べるものでした。69年に『イギー・ポップ・アンド・ストゥージズ』でデビュー。耳をつんざくような轟音ギター、「アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ」「サーチ&デストロイ」といった破滅的なメッセージ、のたうち吠えるイギーのボーカル、そして前述したような過激すぎるパフォーマンスによって、一躍彼らはカルト・ヒーローとなったのです。

 しかし、そうした常軌を逸した行動の影にはやはりドラッグがあり、中毒が末期症状に達したイギーは74年に治療のため入院させられ、バンドは解散。その後、一時は路上生活まで送っていたといいます。どん底のイギーに、救いの手を差し出したのは、かねてからイギーを敬愛していたデヴィッド・ボウイでした。77年、「チャイナ・ガール」(後にボウイによるカバー・バージョンが大ヒット)をはじめボウイと共作したアルバム『イディオット』をリリース。折しも世界中をパンク・ブームが席巻し、古い音楽に否定的な発言ばかりのセックス・ピストルズさえ、ストゥージズを讃える発言をしたこともあって、見事にカムバックを果たしたのです。

 パンクの波が引いた80年代は彼にとってあまり良い時代ではありませんでしたが、90年代以降は、新しいパンクと言えるグランジ・ブームが起こり、再びイギーに注目が集まり始めます。50歳をとっくに越えた今もなお、ひとたびステージに立てば、アンプによじ登り、マイクを振り回し、客席にダイブを繰り返すイギー・ポップ。「パンクのゴッドファーザー」と呼ばれ、若いバンドから一目も二目も置かれる存在なのです。


チャイナ・ガール 作曲:David Bowie,Iggy Pop 2002 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる