ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

05月 29日

ロック・バンド「オアシス」のギタリスト、ノエル・ギャラガー誕生(1967〜)

暴言で知られるギャラガー兄も、ビートルズにだけは謙虚?!

 男の兄弟というのはある程度反発しあうものなのでしょうが、現在最も人気のあるロック・バンドの一つ、オアシスのギャラガー兄弟の仲の悪さは、ロック・ファンなら知らない人はいないでしょう。歌うだけの弟リアムに対し、ほとんどの曲を書き、ギターでサウンドの要となっている、5歳も年上の兄ノエルがリーダーシップを取るのが自然に思えるのですが、そもそもオアシスはリアムが作ったバンドで、ノエルは後から加入したということが、力関係に影響しているのかもしれません。ちなみにノエルが加入したのは91年。オアシスの初めてのライブを嫌々ながら義理で見に来たノエルに、リアムが「マネージャーになってくれ」と持ちかけたことからだそうで、ノエルは即座に「ヤだよ。それよりオレをバンドに入れな。世界一ビッグにしてやるぜ!」と答えたそうです。

 実際、弟は兄に感謝すべきだったことは間違いありません。94年にデビューするや、ノエルの生み出す親しみやすいメロディと、分厚いギター・サウンドで、90年代のビートルズと呼ばれ、人気は急上昇。95年の『モーニング・グローリー』は、全世界で1400万枚を超える大ヒットで、全英1位、全米4位を記録し、ノエルの言葉通り、オアシスは世界的な人気バンドとなったのです。

 しかしいつまでたっても兄弟仲は良くなるどころか、ますます険悪化の一途で、インタビュー中やステージ上でも平気で殴りあいのケンカ。96年のアメリカでのツアー中には、ショーの直前に大ゲンカし、ノエルが突然帰国するなど、常に兄弟ケンカのニュースと解散の噂が絶えません。兄弟ゲンカだけで済んでいるならまだしも、この2人、他人への暴言も平気で吐くから始末が悪く、昨年にもノエルがアメリカの人気グループ、バックストリート・ボーイズに対し、「歌もダンスも、演奏もできない」とボロクソにけなした上に「あんなのは撃ち殺すべきだ」と発言して物議をかもしました。

 そんなノエル・ギャラガーですが、敬愛するビートルズにだけは謙虚なところを見せます。『モーニング・グローリー』が、ビートルズの『サージェント・ペパーズ』の国内販売記録を塗り替え、イギリス音楽史上で最も売れたアルバムになった際には、「単に売上記録を更新しただけで、内容は足元にも及ばないよ」と発言したとか。2001年の末にジョージ・ハリスンが亡くなったときにも、「とても悲しいことだ。生涯をかけて探し求めていたものを彼は見つけることができたのだと思いたい」と、愛情あふれるコメントを捧げました。ちなみに『モーニング・グローリー』に収められた彼らの代表曲「Wonderwall」のタイトルは、ジョージ・ハリスンの1968年の作品から取られたものだそうです。


ワンダー・ウォール 作曲:Noel Gallagher 2002 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる