ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

09月 12日

フランスの作曲家、ジャン・フィリップ・ラモー没(1683〜1764)

大器晩成型だったフランス・バロック音楽の巨匠

 ジャン・フィリップ・ラモーは、18世紀ブルボン朝華やかなりし頃のフランス・バロック音楽を代表する作曲家です。日本では主に「一つ目巨人」「めんどり」「ゆりの花開く」「ソローニュの馬鹿者」「タンブラン」といった標題付きのクラヴサン(=チェンバロの仏語名称)用小曲で知られていますが、彼の創作の中心は華麗なオペラでした。しかし1706年に最初のクラヴサン曲を出版した頃、ラモーはまだ無名の音楽青年でした。次に彼が作品を出版するのは1722年、39歳の時ですが、この時出版したのは何と和声理論の研究書でした。この『和声論』はその後の近代和声の基礎となる偉大な著作であり、ラモーは一挙に音楽理論家として有名になりましたが、作曲家としては無名でした。その後、金満家の徴税役人が彼のパトロンとなり、ようやく作曲に専念できるようになります。彼が最初のオペラ『イポリットとアリシー』を発表したのは1733年、ラモー50歳の年でした。何とも遅い出発ではありませんか!

 しかし、その後彼は着々と『優雅なインドの国々』『プラテー』などの名作オペラを発表、1745年には国王から名誉ある称号を贈られるほどの業績を上げます。1752年にはイタリア・オペラとフランス・オペラのどちらが優れているかの大論争が起こり、ラモーはルソー、ディドロ、ダランベールといった当代一流のインテリらを向こうに回してフランス歌劇を擁護します。実はラモーは若い頃イタリア留学に出されたものの数ヶ月で舞い戻った経験があり、そうした苦いトラウマが彼の行動の背後にあるのかも知れません。

 こうしてラモーは栄光に包まれながら、1764年の今日、81歳という、当時としては異例の長寿を全うして亡くなりました。もともとひょろりと痩せて背が高く、暗がりに立っていると幽霊のようだと言われた老ラモーですが、死の直前に通算29作目の歌劇『ボレアド』を完成させていました。何という気力でしょう。

 フランスのバロック・オペラはこうしてラモーの手で一大頂点を築きました。しかし、最盛期は長くは続きませんでした。王国財政は破綻し、貴族が庶民から過酷な税を取り立てる社会体制も限界に達していたからです。1789年にフランス大革命が勃発すると、オペラどころではなくなってしまいます。ラモーのオペラは、時代の生んだあだ花と言えるかも知れません。


タンブラン 作曲:Jean-Philippe Rameau 2001 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる