ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

05月 28日

CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)のリーダー、ジョン・フォガティ誕生(1945〜)

70年代初頭にヒット・チューンを連発

 1960年代後半から70年代初めに、アメリカのヒット・チャートを席巻した風変わりな長い名前のロック・バンドがいました。クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、略称では頭文字を取ってCCRと呼ばれています。そのリーダーでありソングライターであり、ボーカルとリード・ギターを担当していた中心人物が、ここで紹介するジョン・フォガティです。

 ジョンと、その兄でリズム・ギターを担当するトム・フォガティ、ベースのスチュ・クック、ドラムのダグ・クリフォードがバンドを結成したのは59年。学生のころから地道に活動を続け、メジャー・デビューは68年のことでした。当時ヒッピー・ムーブメントが盛んだったアメリカ西海岸の出身ながら、サイケデリックとは無縁な荒々しいロックンロールR&Bカントリーといったルーツに根ざした音楽を演奏し、人気が急上昇。特に、ロック・アーティストがどんどんアルバム主体の活動に移行していく中で、まるで初期のビートルズのように次々とコンパクトなヒット・シングルを連発したことで、広く世界中で愛されるバンドになりました。アイク&ティナ・ターナーもカバーした「プラウド・メアリー*」をはじめ、「グリーン・リバー*」「バッド・ムーン・ライジング*」「ルッキン・アウト・マイ・バック・ドア*」「トラベリン・バンド*」、そして日本のCMでもたびたび使われる「雨を見たかい?」など、だれもが一度は聴いたことがあるはずです。彼らは5曲もの全米2位を獲得(前述*印)しながら、なぜか1度もナンバーワンに輝いたことがない悲劇のグループとしても知られていますが、アルバムでは2度全米1位になっていますので、ただシングルだけのグループでは決してなかった証明と言えるかもしれません。

 しかし人気絶頂期の71年にトムが脱退、しばらく3人で活動しますが、72年にCCRは解散してしまいます。ジョン・フォガティのワンマンぶりがその原因だったと言われていますが、このバンドの性格を考えるとそれも仕方のないところかもしれません。ジョンはその後『ジョン・フォガティ』(75年)、『センターフィールド』(84年)と、忘れたころにアルバムを発表するマイペースな活動を続けています。最新作の『ブル−・ム−ン・スワンプ』(97年)では、グラミー賞のロック男性ボーカルとロック・アルバムの2部門でノミネートされ、見事最優秀ロック・アルバム賞に輝きました。


雨を見たかい 作曲:John Fogerty 2001 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる