ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

02月 09日

スペインの作曲家、イザーク・アルベニスの組曲「イベリア」初演(1909)

腕白小僧が長じて大成したスペイン讃歌

 アルベニスというとニ長調のタンゴ Op.164-2(アルゼンチン・タンゴ以前の、古風なハバネラ風リズムによる曲)でご存じの方も多いかも知れません。しかし、彼の最高傑作は、今日ご紹介する「イベリア」でしょう。

 作曲者イサーク・アルベニス(1860〜1909)は4歳でピアニストとしてデビューした天才児ですが、同時にどうにも手の付けられない腕白小僧でした。8歳の時のパリ音楽院の入試では、試験官たちの目の前でボールを投げつけて鏡を壊し、落第。9歳の時には父親とスペイン各地を演奏旅行しますが、近衛兵の制服でサーベルを吊り下げたままピアノを弾かされるのがイヤで、汽車に飛び乗り家出を敢行。行った先あちこちでピアノの演奏会を開いて稼ぎますが、全財産の入った鞄を盗まれ、仕方なく家へ帰りました。これで家出の味をしめたアルベニスは、今度は12歳の時にプエルトリコ行きの客船に飛び乗り、ピアノで稼ぎながら南米を放浪した挙げ句、ハバナで父親に捕まってしまいます。

 このように幼い頃から自立心旺盛だったアルベニスは、その放浪の成果かスペイン各地の伝承音楽に造詣が深く、成人してからはスペイン民族主義音楽の確立に邁進。遂にその集大成である「イベリア」(1906-09)を書き上げます。これは4集全12曲からなる民族色豊かなピアノ曲集であり、ドビュッシーメシアンも絶賛したという記念碑的作品。「イベリア」とはスペインの古名で、その音符の隅々には、腕白時代以来のアルベニスの見聞や経験が詰まっています。演奏には非常に高度な技巧が要求され、1909年の初演ではアルベニスと同郷の名ピアニスト、ブランシュ・セルヴァが担当しました。CD等で聴いてみたい方は、現代スペインの名ピアニスト、アリシア・デ・ラローチャの演奏でお聴きになってみてはいかがでしょう。



  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる