ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

10月 16日

ハンガリーの作曲家、コダーイの歌劇『ハーリ・ヤーノシュ』初演(1926)

風刺と笑いで民族の魂を描いた傑作

 ゾルタン・コダーイ(1882〜1967)は、バルトークと並ぶ近代ハンガリーの代表的な作曲家です。彼の作品で最も知られ、演奏される機会の多いのは管弦楽のための組曲「ハーリ・ヤーノシュ」ですが、これはもともと退役軍人・ハーリじいさんの奇想天外なほら話を描いた「歌劇」として作られました。

 ハンガリーでは、聞き手がくしゃみをすると、その話は嘘だという言い伝えがあり、歌劇『ハーリ・ヤーノシュ』も壮大な管弦楽のくしゃみから始まります。国境警備兵をしていたハーリじいさんの若き日の冒険譚は、オーストリア王女に見初められたり、ひとりでナポレオン軍をやっつけたりと、それこそ奇想天外なもの。それでもみんなはハーリじいさんのほら話に心を躍らせ、熱心に耳を傾けます。舞台が現代に戻ると、みなは「俺たちは話をすっかり信じるよ」とハーリじいさんの肩を叩くのですが、聞き手の一人がまた大きなくしゃみをして、幕となります。

 この物語の背景には、長く他国の支配に苦しんだハンガリー民族の怒りや悲哀があるのですが、コダーイは、それに屈しない農民のたくましさやユーモアを、随所に盛り込んだ民謡や舞曲で表現し、楽しく、親しみやすい音楽劇としてまとめました。そして1926年の今日、ハンガリー国立歌劇場で初演された『ハーリ・ヤーノシュ』は、ハンガリー初の国民的オペラとして、大好評を博したのです。

 コダーイはバルトークと親友で、一緒に民謡採取旅行などにも行きましたが、性格も音楽も、またその人生も対照的でした。バルトークは厳しい創作態度を貫き通して孤高の芸術家となり、ナチス・ドイツ侵攻時にはアメリカに亡命。そのまま故郷に戻ることなく白血病で寂しく生涯を閉じましたが、コダーイは大戦中もハンガリーの地を離れることなく国民の心の支えとなりました。その穏健で親しみやすい音楽や、わらべ歌や民謡に基づく音楽教育を提唱した「コダーイ・システム」と呼ばれる教育メソッドで人々の尊敬を受け、戦後はハンガリー楽壇の最高指導者として数々の国際的栄誉も手にしたのです。


ウィーンの音楽時計〜組曲「ハーリ・ヤーノシュ」(ピアノバージョン) 作曲:Zoltan Kodaly 2000 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる