ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

07月 19日

ハープ奏者、吉野直子が第9回イスラエル国際ハープコンクールにて優勝(1985)

Photo 篠原栄治
西洋美術史を学び、車でアルプス超えをする国際人

 日本を代表するだけでなく、世界的にも高い評価を受けているハーピスト、吉野直子(1967〜)。母親もハーピストという恵まれた環境で育った彼女は、1985年、イスラエル国際ハープ・コンクールで最年少優勝。以後、20歳のときにはニューヨークとベルリンでリサイタルを開き、国際的な活躍を始めました。

 6歳の時からハープを学んでいる吉野は、音楽だけでなく幅広い知識を得たいという理由から大学では西洋美術史を学び、彫刻や絵画で知られる芸術家、ミケランジェロを研究したという教養人。趣味も多彩で、演奏活動の合間に、パソコン、スキー、ドライブなどで気分転換を図るそうです。もっとも車の運転は、楽器を積んで雨のアルプスをスイスからオーストリアまで1日で900km走り、翌日に本番をこなしたこともあるそうですから、趣味と実益をかねている、といったところ? こんな彼女の柔軟な考え方や感性は、世界の多くのアーティストから愛され、フルートのニコレやバイオリンのクレーメルとの共演が実現したのをはじめ、さまざまな指揮者や楽器のソリスト、オーケストラからも共演の申し出があるそうです。

 また彼女自身、決して多くはないハープという楽器のレパートリー曲を増やすため、ハープのオリジナル曲以外の曲目、たとえばドビュッシーの「月の光」なども積極的に取り上げて、コンサートの充実を図っています。ハーピスト・吉野直子は、数多い日本人演奏家の中でも、世界の檜舞台で最も登場が待たれているアーティストの一人、ということができるでしょう。

下記をクリックすると、インタビューのページへリンクします。
ウォルフガング・シュルツ&吉野直子 インタビュー




  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる