ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

09月 20日

シンガーソングライター、小田和正誕生(1947〜)

洋楽と邦楽の間に新たなジャンルを作った希代のメロディ・メーカー

解散後も広く愛聴される「オフコース」の中心メンバーとして、また現在はソロ・アーティストとして活躍する小田和正。理工系の大学を卒業したにもかかわらず彼の選んだ道は、歌と音楽でした。オフコースは1969年、日本のロックフォーク・シーンの始まりの頃に結成され、同年第1回ポプコンで特別賞を受賞。翌70年にシングル「群衆の中で」でデビューしますが、最初から人気グループだったわけではありません。彼らの音楽は、やっと70年代後半になって、それまでのロックやフォーク、歌謡曲といった区分があいまいになっていく中で、新しいタイプの日本のポップス、として受け入れられていったのです。

 79年の大ヒットシングル「さよなら」「Yes-No」等、オフコースのヒット曲の多くは、歌謡曲ファンから見れば洋楽的な洗練されたアレンジと、洋楽ファンから見れば日本的な繊細なメロディを特徴としていました。こうした手法は、ともすればヒット狙いの中途半端なものになりがちです。しかし彼らは、絶妙なバランス感覚と小田のハイ・トーン・ヴォーカルを中心とした透き通ったハーモニーで、誰にも真似のできない独自のオフコース・ワールドを作り上げたのです。

 オフコースはその後も84年の「君が、嘘を、ついた」をはじめ数々のヒットを送り出しますが、89年、惜しまれながら解散。その後小田和正は、91年に270万枚以上のセールスを記録したシングル「ラブ・ストーリーは突然に」でソロ・アーティストとしての地位を確立。翌年には初監督した映画『いつかどこかで』が公開され、また初の東南アジアツアーを行うなど、現在に至るまでシンガー、プロデューサーそして映画監督として活躍を続けています。またゴルフファンとしても知られ、93年にはプロゴルファー青木功氏のツアーに同行しキャディを初体験、その経験をエッセイとして出版するなど、マルチな才能を発揮しています。


さよなら 作曲:小田和正 1999 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる