ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

09月 18日

ロック・ギターの革命児、ジミ・ヘンドリックス没(1942〜1970)

ギターに生命を与えた天才ロック・ギタリスト

 あらゆるロック・ギタリストに影響を与えたジミ・ヘンドリックスは、1970年、ツアーで滞在中のロンドンのホテルで亡くなりました。1967年のデビューアルバム『アー・ユー・エクスペリエンスト』から数えると実質3年足らずという短い音楽活動でしたが、死後約30年を経た今でも未発表の音源や映像が続々とリリースされており、ジミの影響力は一向に衰えることを知りません。

 ジミのプレイは、まさにエレキ・ギターの化身と呼ぶにふさわしいものでした。ギターを歯で弾いたり、背に回して弾いたり、まるで自分の体の一部のようにギターを操ることができたのです。特に従来はノイズでしかなかったフィードバック(ハウリング)をアームを使うことで音楽的表現にまで高めた「フィードバック奏法」はまさに神業で、その音はまるでギターが生命を得て、泣き叫んでいるかのようです。この奏法は多くのギタリストが模倣しましたが、ジミの域にまで至ったプレイヤーは未だいないといって良いでしょう。

 ジミはまた卓越したソングライターであり、サウンドメーカーでもありました。「紫の煙」や「フォクシー・レディ」といった曲は多くのアーティストによってカバーされ、先鋭的なフレーズは今でも鮮度を失っていません。また「紫の煙」では一旦テープに録音したギターソロを逆回転させて使うなど、誰も思いつかなかったような斬新なサウンドメイキングが施されました。ジミの音楽はジャンルを超えて注目され、同じ頃に新たな音楽を模索していたジャズ・プレイヤーのマイルス・デイヴィスギル・エヴァンスもジミとのセッションを希望したといいます。一説によればギル・エヴァンスとのセッションは実際に予定が組まれていたそうで、もしそのセッションが実現していたら、音楽の歴史を変えるような演奏が行われていたかもしれません。


紫の煙 作曲:Jimi Hendrix 1999 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる