ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

09月 02日

ジャズ・ピアニスト、ホレス・シルヴァー誕生(1928〜)

ファンキー・ブームの立役者は、日本がお好き

 黒人ならではの土臭いブルース・フィーリングを強調し、1950年代半ばから60年代にかけて一世を風靡したファンキー・ジャズ。その立役者ともいえるのが、ピアニストのホレス・シルヴァーです。叩きつけるような左手の和音と、跳ねるようなリズム。ソリストをあおる強烈無比なバッキングと、熱狂的なソロ。そしてバラード演奏に聴かれるそこはかとない哀愁…。ファンキー・ジャズという呼び名は、シルヴァーのためにあるいっても過言ではないでしょう。

 そんなシルヴァーが我が国に初めてやってきたのは1962年のこと。その前年に、やはりファンキー・ジャズの人気グループだったアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ(シルヴァーはこのグループの初代ピアニスト)が来日していたこともあり、当時日本は空前のファンキー・ブームでした。ファンキー・ルックと呼ばれるファッションに、ファンキー・ハットと呼ばれる帽子が大流行。現東京都知事の石原慎太郎氏が「ファンキー・ジャンプ」という小説を書いたのもこの頃のことです。

 そういうブームのまっただ中に来日したのですから、シルヴァーに対する歓迎ぶりは尋常ではありませんでした。コンサートはもちろん連日満員御礼。オフの日もパーティーの連続です。これだけ歓迎されてうれしくないはずがありません。日本がすっかり気に入ったシルヴァーは、帰国直後『ザ・トーキョー・ブルース』というアルバムを作ります。このアルバムには同名のタイトル曲をはじめ、「サヨナラ・ブルース」「トゥ・マッチ・サケ」「アー・ソー(あ、そう)」といった曲が並び、ジャケットでは振り袖姿の二人の大和撫子が、シルヴァーをはさんでニッコリと微笑んでいます。



  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

  • 作詞家/作家、なかにし礼誕生(1938〜)
  • ジャズ・サックス奏者、クリフォード・ジョーダン誕生(1931〜1993)
  • TOTO(トト)のキーボーディスト、スティーヴ・ポーカロ誕生(1957〜)
  • イギリスの作曲家、ウィリアム・ウォルトンの交響曲第2番初演(1960)
  • チェコの指揮者、ヴァーツラフ・ノイマン没(1920〜1995)

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる