ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

08月 16日

ロック歌手、エルヴィス・プレスリー没(1935〜1977)

ロックン・ロールのシンボルが名実共に「神(ゴッド)」となった日

 ロックン・ロールの神様(ゴッド)、エルヴィス・プレスリー。エルヴィスがいなければ、ロックン・ロールは50年代に起こったただのリズム・アンド・ブルースの新しいスタイルでしかなかったかもしれません。

 歌の好きなトラック・ドライバーだったエルヴィスの運命を変えたのは、母親へのプレゼントにと吹き込んだ1枚のレコードでした。このレコードをきっかけに地元メンフィスのサン・レーベルと契約した彼は、1954年「ザッツ・オールライト」でデビュー、56年にはRCAに移り、「ハートブレイク・ホテル」「ハウンド・ドッグ」「ラヴ・ミー・テンダー」「監獄ロック」といった後にスタンダード曲となる大ヒットを、次々に発表していきます。彼の天性の歌い方と、ギターを抱え激しく腰をふりシャウトするというステージ・パフォーマンスによって、ロックン・ロールは世界中の若者の間に瞬く間に広まっていったのです。60年代半ばになり、ビートルズストーンズのようなかつてはエルヴィスに憧れてロックを始めた新しい世代が台頭するにつれ、彼のスタイルは時代遅れになっていきます。しかしエルヴィスは積極的に映画に出演したり、バラードも歌える幅広いシンガーとしてラスベガスでショーを行うなど、ベテラン・エンターテイナーとして生き残る道を選びました。そして「この胸のときめきを」や「バーニング・ラブ」等のトップテン・ヒットを飛ばしたのです。

 1973年に離婚をしたエルヴィスは、その後メンフィスの邸宅に隠りがちになり、77年8月、42歳の若さでこの世を去ります。公式には心臓麻痺とされている彼の死因ですが、その原因も偏食による肥満説からマフィアの謀殺説まで諸説さまざま。一部には「エルヴィスはまだ生きている」と主張する人すらいて、今でも時々「私はエルヴィスを見た!」という記事が、アメリカの雑誌をにぎわすこともあるほどです。その真偽のほどはともかくとして、今もエルヴィスの面影が、その音楽を通して多くの人の心の中に生き続けていることだけは確かでしょう。


監獄ロック 作曲:Leiber Jerry,Stoller Mike 1999 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる