ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

08月 15日

50万人が集まったウッドストック・フェスティバル開幕 (1969)

ヒッピー文化の象徴となった伝説のコンサート

 「平和と音楽の3日間」と名付けられたウッドストック・フェスティバルは、当時のアメリカのヒッピー文化を象徴する巨大な野外コンサートで、8月15日の午後5時7分リッチー・ヘブンスの歌で幕を開け、18日の朝ジミ・ヘンドリックスがアメリカ国歌の「星条旗よ永遠なれ」を最後にステージを降りるまでの3日半に及びました。主な出演者は、ラビ・シャンカールジョーン・バエズサンタナジャニス・ジョプリン、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、グレイトフル・デッド、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバルザ・フー、ジェファーソン・エアプレーン、 ザ・バンドクロスビー・スティルス&ナッシュ、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、といったそうそうたる顔ぶれ。主催者側が予想した20万人を、さらに大きく上回る50万人もの観客が全米各地から集まったのです。

 フェスティバルは、もともとボブ・ディランら多くのアーティストが住んでいたウッドストックで行われる予定でしたが、直前になって住民や市当局の反対でニューヨーク郊外のベセルにあるヤスガー農場に会場を変更。ステージはもちろん駐車場や食料等全てが準備不足のままスタートすることになります。その結果ハイウェイは駐車車両に塞がれて数十キロに渡って渋滞し、出演者は全てヘリコプターで会場に運ばれました。また予想を遥かに上回る入場者をさばき切れず、最終的には会場を囲むフェンスが取り払われて、入場無料のフリー・コンサートとなったのです。会場内では交通事故等による数人の死者が出た一方、2件の出産もあり、さらに食料不足を聞いた地元住民達によって数千個のサンドイッチが空輸されたりもしました。

 このように全てが型破りだったこのフェスティバルで最も特筆すべきことは、この3日半の間、暴力や犯罪が1件も記録されなかったことです。これは会場に集まった50万人もの人々が、互いに助け合い、音楽と食料を分かち合って3日間の共同生活を成功させたことを意味しました。そしてこの様子は、ドキュメンタリー映画『ウッドストック』として世界中で上映され、フェスティバルは、べトナム戦争下の若者が生み出したカウンター・カルチャーの成果として永遠に記憶されることとなったのです。


フォクシー・レディ 作曲:Jimi Hendrix 1999 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる