ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

08月 13日

「タイスの瞑想曲」で知られるフランスの作曲家、ジュール・マスネ没(1842〜1912)

フランス・ロマンチック・オペラの巨人

 ジュール・マスネは、ビゼーグノーと並ぶフランス・オペラの巨人です。工兵士官の父とピアノ教師の母のあいだに生まれたマスネは、両親の長所、すなわち父の几帳面さと母の音楽的才能を受け継いでいました。9歳という異例の年齢でパリ音楽院に入学した彼は、21歳の時、当時ヨーロッパでもっとも権威があるとされたローマ大賞の第1位を獲得。後援者に恵まれたこともあり、その後のマスネの人生は順風満帆で、36歳の若さで母校パリ音楽院の教授の座についたのです。波瀾万丈の生涯を送る作曲家が多い中、マスネの一生は例外的に幸福で安定していたと言えるでしょう。

 そのせいでしょうか、彼の作る音楽はどれも美しく、聴く人の心を魅了するものばかりです。たとえば、「タイスの瞑想曲」。これはオペラ「タイス」の第2幕で登場する曲で、ゆったりとした夢見るような旋律は、さまざまな楽器用に編曲されて多くの人に愛されています。オペラのストーリーもロマンチックで、自堕落で享楽的な女性タイスと、彼女を愛の力で救おうとする修道僧の物語。マスネには他にも、「マノン」(※1)や「ウェルテル」(※2)といった「タイス」に劣らぬオペラ、また甘美な旋律で有名な歌曲「悲歌(エレジー)」など、美しい作品がたくさんあります。

※1:原作はプレヴォの小説「騎士デ・グリューとマノン・レスコーの真実なる物語」。プッチーニのオペラ「マノン・レスコー」も同じ原作に基づくもの。※2:原作はゲーテの小説「若きウェルテルの悩み」。


タイスの瞑想曲 作曲:Jules Massenet 1999 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる