ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

08月 06日

4万人を集めた野外コンサート“箱根アフロディーテ”開催(1971)

ピンク・フロイドも出演した伝説の野外コンサート

 1971年、箱根の芦ノ湖畔で大規模な野外コンサート“箱根アフロディーテ”が開かれました。1970年の大阪万博開催をきっかけに世界の目が日本に向き、海外アーティストの来日が本格化。一方、ビートルズの解散でロックの多様化に拍車がかかり、国内でも71年1月にグループサウンズ(GS)の雄=タイガースが解散。GSブームが終焉し、フォークやロックなど、日本の若者の音楽嗜好も多様化していきました。こんな中で開かれた“箱根アフロディーテ”は、ロック、フォーク、ジャズ、と様々なジャンルの国内外のミュージシャンが出演。2日間に渡り4万人の聴衆を集め、さながら69年8月に50万人を集めた歴史的な野外コンサート、ウッドストック・フェスティバルの日本版といった趣でした。

 出演者の顔ぶれは、国内からは「赤い鳥」、「トワ・エ・モア」、「かぐや姫」といったフォーク勢。「成毛滋&つのだひろ」、「ハプニングス4」、「モップス」らのロック勢。さらにジャズからも渡辺貞夫、佐藤允彦、山下洋輔らが出演。日本を代表するミュージシャン達がステージを盛り上げました。そして海外からは、「ピンク・フロイド」、「1910フルーツガム・カンパニー」、バフィー・セント・マリーなど、当時のヒット・チャートをにぎわしていた大物が参加。彼らのステージは、聴衆はもちろん、日本のミュージシャンにとっても大きな刺激となりました。

 コンサートのハイライトは、前年に名作『原子心母』を発表し、トップ・プログレッシブ・ロック・グループとしての地位を確立しつつあったピンク・フロイドでした。「原子心母」に始まり「神秘」まで5曲を演奏し、途中でまだ未発表だった名曲「エコーズ」も披露。このフロイドのステージは、当時まだ日本では珍しかった大規模な舞台音響装置(PAシステム)を駆使して演出された音響や、森の中のステージに霧がすりよってくるといった自然の演出によって、まさに忘れがたい神秘的なものとなったのです。


原子心母/父の叫び 作曲:Mason 1999 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

  • アメリカのジャズ・ベーシスト、チャーリー・ヘイデン誕生(1937〜)
  • 歌手、タレントの堺正章誕生(1946〜)
  • アメリカのジャズ・サックス奏者、ジーン・アモンズ没(1925〜1974)
  • アメリカのチェリスト、グレゴール・ピアティゴルスキー没(1903〜1976)

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる