ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

07月 18日

ドイツの音楽学者、フーゴー・リーマン誕生(1849〜1919)

改版を続けながら今も利用されている「音楽辞典」の著者

 19世紀における最も優れた音楽学者の一人、フーゴー・リーマンは、音楽愛好家の父に音楽の手ほどきを受け、ベルリンで法律や哲学を学んだ後、ライプチヒで和声、作曲、ピアノを学びました。24歳のとき「音楽聴取について」という論文によって、哲学博士号をとり、以後、ドイツ各地の音楽大学や音楽院で教師を務めたのち、65歳で国立音楽学研究所の所長となりました。

 彼は、音楽の旋律・和声・リズムという三要素を詳しく分析し、音楽理論を体系的にまとめることを目指しました。たとえば和声では、転調の仕組みや和音の機能を理論的に考察し、リズムの研究では、アクセントを伴うリズムの周期性から音楽の構築性を説きました。これらの成果は、大著「大作曲法(全3巻、1902-13)」にまとめられています。

 また、音楽史の研究にも力を入れ、バロック時代以前の音楽なども研究しました。こうした広範な研究の成果をもとに、1882年に「音楽辞典(Musik-Lexikon)」を出版しました。これはリーマンの最も重要な著作とされ、彼の没後も改版を重ねており、12版(全5巻、1959-75)は現在でも広く利用されています。



  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる