ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

07月 13日

ジャズ・サックス奏者、アルバート・アイラー誕生(1936〜1970)

60年代を疾風のように駆け抜けたフリー・ジャズの闘士

 1960年代半ば、ジャズは大きな壁に直面していました。それまでのモダン・ジャズはマンネリズムに陥り、進歩的なミュージシャンたちは新しい表現を求めていました。そんな中から生まれた新しいジャズの形が、フリー・ジャズです。これはかんたんに言えば、リズムやハーモニー、調性にとらわれず好きなように演奏してもよいという方法ですが、自由度が広いぶんよほど演奏者に力がないと、単なるデタラメに聞こえてしまうという危険性もはらんでいました。

 そんなフリー・ジャズのシーンに彗星のごとくあらわれたのが、アルバート・アイラーです。まるで人間が叫び、うめき、すすり泣くようなアイラーのサックスは、メロディ和声リズムという音楽の三要素をまったく無視しているようでいて、しかしジャズ・ファンの心を強くとらえました。彼の音楽には、理論を超えた、魂の喜びに満ちた“歌”があったからです。そんなアイラーの出現は、他のサックス奏者にとって脅威であり、同時に刺激でもありました。とりわけショックを受けたのは、当時ナンバー・ワン・サックス奏者の名をほしいままにしていたジョン・コルトレーンです。コペンハーゲンでアイラーの演奏を聴いた、コルトレーンは、アイラーを励まし、その後みずからもフリー・ジャズの道へ進んでいったのでした。

 しかし、破滅は突然やってきました。1970年11月25日、ニューヨークのイースト・リバーで一人の黒人男性の水死体が発見されました。それがアルバート・アイラーだと判明したのは、発見から数日たってからのことでした。他殺なのか自殺なのか、あるいは事故なのか…。アイラーの死因は今もって明らかになっていません。




  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる