ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

07月 04日

ジャズ・トランペッター/歌手、“サッチモ”ルイ・アームストロング誕生(1900〜1971)

名唱「この素晴らしき世界」は、ベトナム戦争の反戦歌!?

 「ジャズ史上もっとも偉大なミュージシャンは誰か?」デューク・エリントンチャーリー・パーカーマイルス・デイヴィス? そう、たしかに彼らは偉大でした。しかし“サッチモ(大きな口という意味)”ことルイ・アームストロングの名を挙げずして、ジャズを語ることは不可能ではないでしょうか。

 サッチモと言えば、大きな目玉をクリクリと動かし、汗を拭き拭きステージに立つおどけた姿が印象的ですが、少年時代の彼はニューオリンズの町中で銃を発砲して更正施設に入れられるほどすさんだ生活を送っていました。そんな彼の人生を一変させたのが、その施設で手にした1本のトランペット。もともと音楽が大好きだったサッチモはたちまちこの楽器の虜となり、施設を出るころにはすでにプロとしてやっていけるだけの技術を身につけていました。その後のサッチモのジャズ人生はまさに快進撃。「ウェストエンド・ブルース」「タイト・ライク・ジス」など誰にも負けない大きな音と歌心に満ちた音楽は、トランペット奏者はもちろん、その後のあらゆるジャズ・ミュージシャンに大きな影響を与えました。サッチモの出現によって、それまでニューオリンズの一芸能音楽でしかなかったジャズは、インターナショナルなポピュラー音楽としての市民権を得たのです。

 サッチモはまた、歌手としてもたくさんの録音を残しました。中でもよく知られているのが「この素晴らしき世界」。テレビのCMでも使われたことがあるので、みなさんも一度は耳にされたことがあるでしょう。この曲が作られた1967年当時は、まさにベトナム戦争の最中。アメリカ本国にも反戦運動の波が大きく広がっていました。戦争のない平和な世界が、一刻も早く訪れるように…そんな思いを込めてサッチモが歌ったこの曲は、発売当初こそあまり注目されませんでしたが、その後ジワジワと人気が出はじめ、1年後にはついにヒット・チャート入り。以来「この素晴らしき世界」はサッチモの代名詞として、世界中の人々から愛されるようになったのです。



この素晴らしき世界 作曲:George David Weiss,George Douglas 1999 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる