ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

07月 01日

童謡の日(日本童謡協会制定)

 今日は、童謡の日。1918(大正7)年7月1日に童話童謡雑誌「赤い鳥」が、児童文学者・鈴木三重吉により創刊されたことにちなんで、日本童謡協会が1984年に制定した記念日です。

 「赤い鳥」は、それまでの堅苦しい“説話”や“唱歌”ではなく、子どもの言葉で子どもの世界を描いたわかりやすい童話・童謡の創作をめざしました。編集主幹の鈴木三重吉は、芥川龍之介、有島武郎、小川未明らの小説家に児童文学の筆をとらせる一方、北原白秋西条八十、野口雨情らの詩への作曲を山田耕筰らに依頼し、今も親しまれている数多くの童謡を生み出していきました。

 大正7年の童謡誕生から、昭和20年までに発表された童謡の中から、312編を集めた「日本童謡集」(岩波文庫)によると、大正の8年間に発表された作品は実に204編で、これは、昭和の20年間に発表された作品の約2倍にものぼります。大正時代はまさに童謡の興隆期であり、戦前の日本の童謡の代表的なものは、ほとんどこの時代につくられたといえるでしょう。

●大正年間の主な童謡の例
 かなりや(大正7) 西条八十作詞・成田為三作曲
 赤とんぼ(大正10) 三木露風作詞・山田耕筰作曲
 ゆりかごのうた(大正10) 北原白秋作詞・草川信作曲
 七つの子(大正12) 野口雨情作詞・本居長世作曲
 からたちの花(大正13) 北原白秋作詞・山田耕筰作曲



七つの子 作曲:本居長世 1999 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

  • 大バッハの息子で作曲家のウィルヘルム・フリーデマン・バッハ没(1710〜1784)
  • ドイツの作曲家、ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ誕生(1926〜)
  • フランスの作曲家、エリック・サティ没(1866〜1925)
  • ブロンディのデボラ・ハリー誕生(1946〜)
  • アメリカのドラマー、レオン“エンデューグ”チャンスラー誕生(1952〜)
  • フランスの指揮者、ピエール・モントゥー没(1875〜1964)
  • ソプラノの佐藤美枝子が第11回チャイコフスキー国際コンクールで声楽部門優勝(1998)

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる