ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

06月 16日

作曲家、吉田正への国民栄誉賞授与を政府が発表(1998)

 1998年6月10日に77歳の生涯を閉じた作曲家の吉田正(1921〜1998)。50年にわたる作曲活動で「異国の丘」「有楽町で逢いましょう」「誰よりも君を愛す」「いつでも夢を」など2,400曲にのぼる作品を残し、国民に希望と潤いを与えたとして、死去6日後の6月16日に、国民栄誉賞の授与が発表されました。音楽関係者では、古賀政男(78年)、美空ひばり(89年)、藤山一郎(92年)、服部良一(93年)に続き5人目の栄誉でした。

 吉田正の作品の大半は、昭和30年代(彼の30歳代から40歳代)に書かれました。第二次世界大戦ではシベリアに抑留され、生死をさまよった経験を持つ彼は、「一度死んだ身だからこそ希望を歌う」というのが口癖で、昭和30年代から始まった高度経済成長の前向きの世相とぴったり合った曲を書きつづけました。空港、高速道路をテーマにするなど、時代の雰囲気を盛り込むのが得意で、洋楽のリズムや和声を大胆に取り入れた「都会調歌謡」のスタイルを確立しました。ジャズ界からフランク永井、松尾和子らを、映画界からは鶴田浩二や吉永小百合らを、歌謡界にデビューさせたことでも知られています。



  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる