ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

06月 12日

歌謡曲の作曲家、船村徹誕生(1932〜)

大衆に愛され4,000曲を超えた「船村メロディ」

 「王将」「矢切の渡し」など独特の情感を持った「船村メロディ」で、歌手の間で最も信頼されている作曲家のひとり、船村徹。平成7年春に紫綬褒章を受章し、現在、日本作曲家協会理事長、日本レコード大賞制定委員長もつとめています。東洋音学大学(現・東京音楽大学)のピアノ科在学中に大衆歌謡に目覚め、以来歌謡曲ひとすじ。すでに4,000曲を超える「船村メロディ」を書きました。中でも故美空ひばりには「ひばりの佐渡情話」「みだれ髪」など50曲以上の作品を提供しています。

 第二次世界大戦後初のミリオンセラーとなった「王将」。村田英雄が歌う浪花節風のこの演歌は、なんとロカビリーツイストが大流行していた時代の作品でした。彼自身も初めはそんなに売れるはずがないと思っていたのですが、レコード発売から半年近くたって爆発的に売れはじめました。この大ヒットをみて、当時すでに大御所作曲家であった古賀政男が、自作の「無法松の一生」に似ているとクレームを付けました。しかし船村は「断じて先生の曲を下地にしていません。地方の人たちを励ます曲を考えたのです。」と強く主張し、一歩も譲らなかったそうです。気骨のある彼の人柄が伝わるエピソードです。


矢切の渡し 作曲:船村 徹 1995 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる