ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

06月 10日

作曲家の中村八大(1931〜1991)と猪俣公章(1938〜1993)没

「上を向いて歩こう(スキヤキ)」の作曲家・中村八大

 邦楽で初めて、アメリカのヒットチャートのトップを飾ったのは、坂本九の歌う「上を向いて歩こう(アメリカでは「スキヤキ」)」でした。ジャズの雰囲気を感じさせるこの名曲を作曲した中村八大は、第二次世界大戦後、アメリカ軍キャンプを回りながら、ジャズ・ピアニストとして活躍していました。

 彼が作曲家として知られるようになったのは、東宝映画『青春を賭けろ』で初めての映画音楽を書くことになった27歳の時でした。「翌日までに10曲作る」と映画会社と約束したのですが、作詞家が見つかりません。たまたま有楽町を歩いていると、以前から顔見知りで、放送作家として活躍していた永六輔とばったり出会い、それも縁だからと、作詩を頼むことにしました。後に「六・八コンビ」と呼ばれたヒットメーカー誕生の瞬間です。この時に作られた「黒い花びら」は、第1回日本レコード大賞を受賞しました。「こんにちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」も、このコンビによる名曲です。

「港町ブルース」の作曲家・猪俣公章

 演歌の名曲を残しただけでなく、多くの演歌歌手を育て上げた猪俣公章。日大芸術学部に在学中からバンドマンとして活躍し、演歌の大御所作曲家・古賀政男に師事して作曲を学びました。26歳で作曲家としてデビューし、森進一を見い出して「女のためいき」「おふくろさん」「港町ブルース」などの大ヒットを生み出しました。

 彼は若手の育成にも力を入れ、才能のある演歌歌手を“内弟子”として自宅に住まわせ、炊事、掃除や洗濯など、生活の基本から身につけさせました。そのレッスンは非常に厳しく、どんなにうまく歌えても、心がこもっていないと認めてもらえなかったといいます。内弟子になった人もレッスンだけだった人もいますが、藤あや子、香西かおり、坂本冬美、マルシアなど、現在の演歌界を支えている歌手の多くが、彼の教えを受けています。


港町ブルース 作曲:猪俣 公章 1995 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

  • ドイツの作曲家、リヒャルト・ワーグナー楽劇「トリスタンとイゾルデ」初演(1865)
  • フランスの作曲家、エルネスト・ショーソン没(1855〜1899)
  • アメリカのミュージカル作曲家、フレデリック・ロウ誕生(1904〜1988)
  • アメリカのブルース・シンガー、ハウリン・ウルフ誕生(1910〜1976)
  • イタリアの作曲家、アルリーゴ・ボーイト没(1842〜1918)
  • アメリカの歌手/女優、ジュディ・ガーランド誕生(1922〜1969)
  • イギリスの作曲家、フレデリック・ディーリアス没(1862〜1934)
  • 歌手、ディック・ミネ没(1908〜1991)
  • フランスの作曲家、ジョルジュ・ドルリュー没(1925〜1992)
  • 国民栄誉賞受賞の作曲家、吉田正没(1921〜1998)

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる