ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

06月 02日

イギリスの作曲家、エルガー誕生(1857〜1934)

妻と祖国を愛し続けた作曲家

 エドワード・エルガーの代表作のひとつ、行進曲「威風堂々」は、彼が最も創作意欲にあふれていた40代のころに書いた曲で、タイトルのように堂々とした威厳のある曲調は、吹奏楽アレンジでもよく知られています。またこの曲の第1番の中間部のメロディは、イギリスの第二の国歌として愛唱されています。

 1901年に行われたこの曲のロンドンでの初演は大成功で、当時のイギリス国王エドワード7世の耳にもとまりました。国王はこの曲のメロディを「いずれ世界中に広まるだろう」と絶賛し、エルガーに歌詞を付けることを勧めました。そこでエルガーは、このメロディにイギリスの高名な作家A.C.ベンソンの祖国を讃える内容の詩を付け、「希望と栄光の国」というアルト独唱、合唱団とオーケストラのための曲を作りました。さらにこの曲は歌曲にも編曲され、国歌につぐ国民的な愛唱歌となっていったのです。

 イギリスの国民的な作曲家エルガーはまた、愛妻家として知られています。32歳の時、退役少将の娘で8歳年上のカロライン・アリス・ロバーツと結婚しました。彼女はまだ無名だったエルガーの才能を信じ、心の支えとなりました。彼は妻のためにたくさんの曲を書き、バイオリンとピアノのための小品「愛の挨拶」はその代表作です。生涯妻を愛しつづけたエルガーは、63歳の時に妻に先立たれてから、ほとんど作品を書かなくなってしまいました。エルガーの作品は、妻への愛が形になって結実したものだったのです。


威風堂々 第1番 作曲:Edward Elgar 1995 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる