ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

06月 01日

「砂に書いたラブレター」で知られるポピュラー歌手、パット・ブーン誕生(1934〜)

一時はエルヴィスと人気を二分

 “砂に文字を書いても、風がすぐに消してしまう。でも、愛するこの思いを書かずにはいられない…”。パット・ブーンの1957年のヒット曲、「砂に書いたラブレター」は、そんな甘い恋の歌。いまなおスタンダード・ナンバーとしてたくさんの人に愛唱されています。パット・ブーンの素直で甘い、バリトンの声は、女性を中心に幅広い年齢層に人気がありました。

 大学在学中から歌の上手さで人気者だったパットは、スポーツも万能の好青年。20歳の時に当時の人気番組「アーサー・ゴッドフリーのタレント・スカウト・ショー」で優勝し、エルヴィス・プレスリーとは対照的な、上品で優しい雰囲気をもった歌手としてデビューしました。エルヴィスは貧しい生まれから、ロックンロールのスターへと自らの力で駆け登ったハングリー精神あふれるタイプ。1956年の「ハートブレイク・ホテル」以降、若者を中心に熱狂的な人気を集めていました。一方、優等生タイプのパットは、より保守的な白人の大人達にも、抵抗なく受け入れられたのです。

 1957年の両者のヒット・チャートにおけるデッド・ヒートぶりは見応えがありました。4月13日から8週連続No.1の曲が、エルヴィスの「恋にしびれて」。パットが「砂に書いたラブレター」で6月3日から5週連続No.1の座を奪うと、次にまたエルヴィスの「テディ・ベア」がNo.1を奪回。その後ポール・アンカの「ダイアナ」などが挟まり、10月には再びエルヴィスが「監獄ロック」でNo.1を7週間続けると、12月にはパットが「4月の恋」で2週間No.1に輝く、といった具合です。

 パットは、西部開拓史上の英雄ダニエル・ブーンの子孫で、熱心なキリスト教信者としても知られており、最近は主にテレビ番組のパーソナリティとして活躍を続けています。


4月の恋 作曲:Paul Francis Webster,Sammy Fain 1996 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる