ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

05月 18日

作曲家/指揮者、グスタフ・マーラー没(1860〜1911)

夏休みに作曲された交響曲

 今ではコンサートの人気プログラムとして、その交響曲がすっかり定着した感のあるオーストリアの作曲家、グスタフ・マーラー。ところが生前のマーラーは、作曲家としてよりもオペラ指揮者として評価されていました。ウィーン音楽院を卒業してすぐに、ヨーロッパ各地の歌劇場の指揮者として活躍。1897年には37歳の若さで、ヨーロッパ音楽界で最高の地位とも言えるウィーン宮廷歌劇場(現在の国立歌劇場)の音楽監督に就任。このポストに10年間とどまり、ウィーンのオペラ上演史上の黄金期を築いたのです。

 多忙な指揮者・マーラーにとって、作曲は“副業”でした。彼の作曲活動は、指揮者としての活動がオフ・シーズンとなる夏の休暇に、避暑地の別荘で行われました。夏休みはそこにこもって曲を書き、都会に戻ってから、指揮活動の合間をぬって曲を練り上げ、清書する、というのが常だったのです。

 では、マーラーはこんな指揮中心の生活に満足していたかというと、必ずしもそうとは言えません。彼は、友人への手紙の中で「自分は本来作曲家を志していたにも関わらず、作曲では認められなかったから指揮者になった」と書いていますし、「音楽院卒業時に“(作曲賞の)ベートーヴェン賞”を受賞していたら、自分の人生は違う方向に進めたのに」とも述べています。このことからも、彼の「本望」は、あくまで作曲家になることだったと思われます。


「大地の歌」より第3楽章 作曲:Gustav Mahler 1996 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる