ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

05月 15日

「鉄道唱歌 第1集」出版(1900)

 「きーてきいっせいしんばしを…」これは、「鉄道唱歌 第1集 東海道編」の第1曲目です。沿線の地理、歴史、伝説、さらには名産品の紹介までを上手に折り込んで、新橋を出発して神戸に到着するまで、なんと66番までの歌詞が作られました。西欧の文化をものすごいスピードで取り入れていた明治時代でしたが、唱歌にはもっと日本的な、そして親しみやすい歌がほしいという声が上がっていました。そうした声に応えて作られた歌の代表例がこの「鉄道唱歌」で、明治33年(1900)に大和田建樹作詞、多梅稚(おおのうめわか)作曲による第1集が出版されました。

 地理教育にも役立つということで国からも歓迎されたこの「鉄道唱歌」は、以後、メロディを変えながら、「第2集 山陽九州」「第3集 東北地方」「第4集 北陸地方」「第5集 関西各線」が作られていきました。ちなみに第3集には「松島あそび」という歌が、第5集には「奈良めぐり」という歌が、本編とは別に付録として付いています。

 第1集の中から、4番までをご紹介しましょう。

「鉄道唱歌 第1集 東海道編」 作詞:大和田建樹 作曲:多梅稚
1996 YAMAHA CORPORATION

一.汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり
  愛宕(あたご)の山に入りのこる 月を旅路の友として

二.右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ
  雪は消えても消えのこる 名は千載(せんざい)の後(のち)までも

三.窓より近く品川の 台場も見えて波白く
  海のあなたにうすがすむ 山は上総(かずさ)か房州か

四.梅に名をえし大森を すぐれば早(はや)も川崎の
  大師河原(だいしがわら)は程ちかし 急げや電気の道すぐに


  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

  • イタリアの作曲家、クラウディオ・モンテヴェルディ誕生(1567〜1643)
  • ドイツの作曲家、フランツ・ダンツィ誕生(1763〜1826)
  • ロシアの作曲家、ニコライ・ニコラエヴィチ・チェレプニン誕生(1873〜1945)
  • イギリスのロック・ミュージシャン、ブライアン・イーノ誕生(1948〜)
  • TOTOの2代目ボーカリスト、ファーギー・フレデリクセン誕生(1951〜)
  • マルチ・ミュージシャン、マイク・オールドフィールド誕生(1953〜)
  • イギリスのリコーダー奏者、デヴィッド・マンロウ没(1942〜1976)
  • アメリカの映画音楽作曲家、ジョニー・グリーン没(1908〜1989)

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる