ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

03月 30日

ロック・ギターの“求道者”、エリック・クラプトン誕生(1945〜)

 1960年代から現在に至るまで第一線で活躍しているスーパー・ギタリスト、エリック・クラプトン。60年代は、1963年のヤードバーズ加入を皮切りに、ブルース・ブレイカーズ〜クリーム〜ブラインド・フェイス〜デレク&ザ・ドミノスとバンド遍歴を重ねながら、ブルース・ギタリストとして自らのスタイルを追求。この頃、クラプトンのギター・プレイは、そのプレイ・スタイルから“スロー・ハンド”と呼ばれていました。それはどんなに速弾きしても、弦を押さえる左手の動きがスローに見えたというのが由来だと言われてますが、その正確で抑えの効いた演奏ぶりを物語っています。ちなみに、クラプトンを初めてスロー・ハンドと紹介したのは、1963年、クラプトンが在籍していたヤードバーズのライブ盤のライナーノーツでした。

 70年に「いとしのレイラ」がヒットした後、麻薬中毒で一時期音楽界から遠ざかったクラプトンですが、1974年のアルバム『461オーシャン・ブールバード』で完全復活。リラックスした雰囲気の中で土臭い乾いたサウンドを聴かせ、ボブ・マーリィのカバー「アイ・ショット・ザ・シェリフ」は全米No.1ヒットを記録します。クラプトンは数々の名曲を世に送り出していますが、この70年代に作られた「いとしのレイラ」や「ワンダフル・トゥナイト」は今でも人気のある曲で、コンサートでは欠かせぬレパートリーとなっています。

 80年代以降は、渋いボーカルとイタリアン・カジュアルを着こなすダンディぶりで、さらに幅広いファンを獲得します。近年では、シングル「ティアーズ・イン・ヘブン」、そしてグラミー賞で6部門の受賞に輝いたアルバム『アンプラグド』の大ヒットなど、その活躍は留まることを知りません。

いとしのレイラ 作曲:Eric Clapton,Jim Gordon 1997 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる