ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

03月 26日

シンガー/女優として活躍する、ダイアナ・ロス誕生(1944〜)

肉親の悲報にもめげずステージをこなすプロ根性に脱帽

 「イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー」がテレビ・ドラマに使われ、日本でもファンの多い女性シンガー、ダイアナ・ロス。1960年代には、「ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ」や「ユー・キープ・ミー・ハンギング・オン」の大ヒットで、モータウン・レコードのドル箱的存在だったシュープリームスの中心メンバーとして活躍。ソロとなってからも、1981年のライオネル・リッチーとのデュエット「エンドレス・ラブ」を筆頭に、多くのヒットを放っています。映画界にも進出し、1972年には『ビリ−・ホリデイ物語』で優秀主演女優賞にノミネート、『ウィズ』では主役ドロシーを熱演しました。

 1996年の7月に、彼女は日本のNHKホールでコンサートを行っていますが、その時、彼女は自身のプロ根性を示す次のようなエピソードを残しています。コンサート直前の彼女の元に、弟夫婦が他殺体で見つかったという悲報が飛び込んできました。二親等以内の肉親が亡くなった場合、コンサートは無条件でキャンセルできる契約でしたが、彼女はこの悲報を日本の関係者のだれにも明かさず、ステージに立ったのです。そして、彼女は見事にその日のステージをこなします。さすがに当時日本でヒットしていた「イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー」を歌う時には、涙でその歌声を詰まらせましたが、事情を知らない聴衆は、温かい拍手で彼女を声援し、歌の結びで彼女が「for you and…」とささやくと、聴衆が静かな熱い合唱で「…I!」と返したのです。

 「私にとって、日本は特別な場所よ。」終演後、彼女は関係者にそう語ったそうです。あくまで自身の口からは弟夫妻の悲報を明かさず、ただ「肉親に悲しい出来事があり、聴衆の温かさに触れて涙が出てしまったのよ。悲しくて寝つけそうもないから、今夜は私が眠くなるまで徹底的につきあってね。」と、関係者一同を都内のすし店に招いたということです。


エンドレス・ラブ 作曲:Lionel Richie 1995 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる