ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

03月 25日

ハンガリーの作曲家、ベラ・バルトーク誕生(1881〜1945)

最晩年の傑作「管弦楽のための協奏曲」ができた背景

 第二次世界大戦は、音楽界にも大きな爪痕を残しました。ハンガリーの作曲家、バルトークも、そうした犠牲者の一人です。バルトークは意志が強く、政治感覚も鋭かったので、祖国に迫り来るナチスの影に我慢がなりませんでした。一緒に暮らしていた母親が1939年に死ぬと、ハンガリーを去る決意をし、出国の前に遺書をしたためました。

 1940年にアメリカに亡命したバルトークを待っていたのは、悲劇的な運命でした。彼の作品はほとんど理解されず、著名なオーケストラはみなその演奏をボイコットしました。また持病の白血病が悪化し、体重は39キロに激減、絶え間ない発熱にも悩まされました。辛い日々を送っていたバルトークに救いの手をさしのべたのが、ボストン交響楽団の常任指揮者、セルゲイ・クーセヴィツキー(1874〜1951)です。彼は当時としては大金の1000ドルでオーケストラ曲の作曲を依頼し、健康状態を気にしてためらう作曲家の前に500ドルの小切手を置いていきました。この老指揮者の強引な暖かさは、バルトークに久しく失われていた創作意欲を蘇らせ、傑作「管弦楽のための協奏曲」が誕生します。初演は1944年12月1日ボストンで行われ、大成功を収めました。しかしその後も健康は回復せず、翌年9月、ビオラ協奏曲、ピアノ協奏曲第3番などいくつかの重要な作品が未完のまま、バルトークは他界しました。

 彼の死後、作品の評価は世界的に高まり、いまでは「管弦楽のための協奏曲」は多くのオーケストラの重要なレパートリーとなっています。また、ピアノ作品の「子供のために」「ミクロコスモス」なども、現代のピアノ奏法の基礎を学ぶ上で欠かせぬテキストとして、広く親しまれています。


子供のために 第1巻より第1番 あそんでいる子供 作曲:Bartok 1999 YAMAHA MUSIC MEDIA

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる