ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

03月 09日

サン=サーンスの組曲「動物の謝肉祭」初演(1886)

 フランスの作曲家でピアニスト、オルガン奏者でもあったシャルル・カミーユ・サン=サーンス(1835〜1921)は、クラシック音楽のあらゆる分野にたくさんの作品を残しました。組曲「動物の謝肉祭」は最も知られている曲の中のひとつです。

 ゆかいな亀や象の表現、はては化石やピアニストまで“動物”として登場するこの曲は、友人のチェリストが主催する、謝肉祭の最終日に開く音楽会のために作曲されました。サン=サーンスとしては軽い気持ちで書いた、皮肉やユーモアたっぷりの、一種のおふざけだったのです。当時51歳の彼は、すでに作曲家としての地位を確立しており、また天文学や音響学、哲学にも詳しい教養人としても知られていました。そのプライドもあったのでしょう、仲間内のために書いたこの曲の楽譜を出版することを、なかなか許しませんでした。

 14曲からなるこの組曲のうち、13曲目のピアノ伴奏付きチェロ曲「白鳥」だけが生前、出版されました。しかし彼の死後すぐに全曲が出版され、多くの人に演奏されて、人気を集めていったのです。


白鳥〜組曲「動物の謝肉祭」より 作曲:Camille Saint-Saens 1998 YAMAHA CORPORATION

  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる