ページ内移動リンク

ホーム > ういくり > おんがく日めくり


おんがく日めくり

03月 06日

ジャズ・ギタリスト、ウェス・モンゴメリー誕生(1925〜1968)

モダン・ジャズ・ギタリストの代表格、ウェス・モンゴメリー。彼は20歳の時、ジャズ・ギターの開祖であるチャーリー・クリスチャンのレコードを聴いて、ギタリストになる決意を固めたそうです。20歳を過ぎると地元インディアナポリスのクラブに頻繁に出演するようになりましたが、そのころすでに彼のトレード・マークとなる“オクターブ奏法”を始めていました。

 ジャズといえば、トランペットやサックスなどがソロ楽器としての花形ですが、ウェスが作り出したオクターブ奏法は、以前のシングルトーン(単弦)によるソロとは異なり、親指で2本の弦を同時に弾き、メロディをオクターブユニゾンの太い音で奏でることで、管楽器に匹敵するほどの「強さ」と「艶」を出すことができました。その奏法と、歌心あふれるプレイによって、ウェスはソロ楽器としてのジャズ・ギターの地位を確立したのです。彼の登場は、ジャズ・ギター界にとってまさしく一大事件でした。

 ウェスは演奏活動のほとんどを生地のインディアナポリスで行なっていたため、一般に知られるようになるのは36歳になってからでした。たまたまインディアナポリスに来ていたサックス奏者のキャノンボール・アダレイが、ウェスのプレイを聴いて驚嘆し、プロデューサーのオリン・キープニュースに知らせたのがきっかけとなり、レコーディングが始まります。そして1959年の初リーダー作を皮切りに、1963年11月まで10数作のリーダー作を録音。たちまちウェスの評判は世界中に広がりました。1964年以降はイージー・リスニング的なジャズアルバムを発表し、ジャズファンのみならず、幅広い層に人気を獲得したのです。



  • おんがく日めくりの更新は2002年10月をもって終了しました。
    コンテンツは、アーカイブとして継続公開します。

その他の出来事

おんがく日めくりメニュー

人名検索

おんがく日めくりに登場する人物を人名で検索できます。

曲データ一覧

おんがく日めくりで紹介している曲の一覧をご覧いただけます。

イラスト集

おんがく日めくりで掲載しているイラストが月別の一覧でご覧いただけます。

音楽用語事典

音楽用語事典をご覧いただけます。

おんがく日めくりについて

おんがく日めくりについての説明や音楽を聴く方法、著作権についてなどご覧いただけます。

関連リンク

ミッドラジオプレーヤ

ページの先頭にもどる